転職活動に必要な知識やヒントを提供しています。

失敗しない転職活動ガイド

医療系コラム 看護師

【子育て看護師へ】産休明けの夜勤がしんどいなら転職も考えるべき。フルタイム勤務は地獄です

ども!看護師をしている31歳ユキといいます!

突然ですがママさんナースの皆さま、育児と仕事の両立って難しすぎませんか?

私の場合育休を貰って、子供が1歳になった時に仕事に戻りました。

その時は総合病院の急性期に配属。

2交代制の職場で、私以外の子育てナースはあまりいなく、肩身の狭さを感じていました。

というのも時短勤務していたので、朝出勤するのは他の人より1時間遅れ。

申し送りが終わる頃になって出勤していたため、周りの視線も冷たかったです。

それに保育園の送り迎えもあったために、退勤時間も1時間早め。お局ナースからはイヤミを言われることもありました。

まぁ周りの目は気にしていられません。

それよりも大切なのは、子供のことです。

しかし育休後に、特にしんどい思いをしたのが夜勤でした。

私の病院では、正社員として働く場合、月3回の夜勤が必須。

たとえ時短勤務とはいえ、就業規則のため夜勤に入らなければいけませんでした。

夫や両親の手助けを借りながら、師長とも相談して週末だけ夜勤に入ることになりましたが、まさに地獄でした。

恐らく育休明け後に、フルタイム勤務を考えるお母さんも、この記事を読んでいるかもしれません。

そんなあなたに、夜勤は絶対にやめとけと、この記事では伝えたいです。

「でも規則で夜勤は入ることになっているし…」
「それにお金だって不安定だから、できたらフルタイムで戻りたい…」

というママさんもいるでしょう。

実はフルで戻る以外にも選択肢があります。

育休を貰ったからといって、なにも勤め先に身を捧げる必要はありませんよ!

さて今回は、育休明けの後の夜勤がどれほどしんどいのか、またその対策についてご紹介していきます。

産休明け後のフルタイムはどれくらいしんどい?

子育てしながらのフルタイムは、めちゃくちゃ大変です!

私の場合、1ヶ月間下痢が続き、脱水と貧血になってぶっ倒れたこともありました。

というのも、子育てしつつ夜勤もやる、となると気持ちも体もゆっくりできないからです。

夜勤入り前は、子供の面倒で休む暇もありません。

もちろん仮眠をとることもできず、ヘトヘトの状態で夜勤出勤…。

時には家を出る前に子供がぐずって、泣く泣く夫に預けて職場に向かうこともありました。

夜勤中は、緊入をとったり、急変があったりで大慌て。

休憩時間にゆっくりできると思えば、「夜泣きがひどくて寝かせられない…!どうしよう…」と夫から電話がくることも。

子供のことが心配になり、仕事に集中できないことも何度もありました。

そして夜勤が終わって、ダッシュで帰宅。

一息つく間もなく、子供の面倒を見る…という夜勤の繰り返しです。

夜勤終わりにぐっすり寝る?

そんな余裕はありませんよ。20~30分休めたら良いほうです。

私の場合、月3回の夜勤で「もう限界…!」と感じたことは数え切れないほどあります。

体重もかなり落ちましたし、老いも一気に感じました。

当然続けることもできず、復帰して半年後に仕事を辞めました。

人によっては子育てをしながら、月5~6回夜勤もやるママさんナースもいるようです。本当に尊敬します。

無理して夜勤をする必要はない。まずは交渉するべき

私の場合は、就業規則で夜勤は必須でした

しかし人によっては、いろいろな事情があるでしょう

「周りの看護師も子育てしながら夜勤入ってるし、どうしても断れない…」
「旦那の稼ぎも悪いし、お金も不安定…」

など状況はさまざま。

中には「本当は夜勤はしたくない。だけど他で働く場所もないし、転職をする時間も気力もない」という人も、いるかもしれません。

正直仕事が好きではないのなら、夜勤は避けるべきです。

まずは師長、部長に相談して、夜勤をしないようなシフト調整をお願いしましょう。

それでも「うちは規則で夜勤が~」という話があるなら、退職も考えるべき。

無理して夜勤を行う必要はありません。

夜に母親がいないことは、子供にとっても悪影響ですよ。

夜勤やフルタイム勤務で、限界を感じた時の対策とは

心身ともに限界を感じたときには、環境を変えるしかありません。

たとえば親や兄弟、周りの誰かに助けてもらうことや、両親の近くに引越しをしてサポートを受ける方法もあります。

「旦那にもっと手伝ってもらえばいいんじゃない?」

と言う人もいますけど、旦那だって日中は働いています。

休みの日くらいゆっくりしたい、と考えるのが、世の中のお父さんです。

そのため手っ取り早く環境を変えには「退職」か「転職」のどちらかです。

退職をすれば、子供と一緒にいる時間も増えますし、子育てに集中できます。

しかし収入が旦那1本になるので、経済的に不安が残ります。

となると転職です。

私の場合、フルタイムで仕事を復帰した後、半年で退職。

そしてすぐに転職をしました。

転職直後は苦労しましたが、前よりも余裕を持って、子育てと仕事を行うことができました。

というのも転職した先が、子育てに理解のある職場だったから、上手くいったのかもしれません。

私は「託児所ありの訪問看護ステーション」に移ったのですが、ママさんナースも多くて、移って正解でした。

「でも転職活動をする時間も、気持ちも余裕がない…」
「面接したり、書類作ったり大変でしょ?」
「子育てがしやすい職場なんてあるの?」

と考えるかもしれません。

実は「転職サービス」を使えば、空いた時間にスマホをぽちぽちするだけで、転職活動を行うことができます。

転職サービスを使えば転職もラクチンです

「転職サービス」とは、ざっくり言えば転職を支援してくれる会社のこと。

自分の代わりに求人情報を集めて、履歴書作りもお手伝いしてくれるサービスです。

たとえば

「時短勤務ができて、子育てにも寛容。急に子供が体調悪くなって、仕事を休んでも後ろめたさを感じない。そんな職場ってありますか?」

と無茶な希望を言っても構いません。

希望に沿った病院や求人情報を5~10件集めてくれるので、後は選ぶだけです。

私の場合、

  • 夜勤は絶対にしない。
  • 残業は絶対に無理。
  • 時短勤務がしたい。
  • 仕事中に自分の時間を持ちたい

という無茶なことを伝えましたが、それでも4件ほど候補を出してくれました。

それにアドバイザーという担当が1人1人につくので、相談などもしやすいです。

「ママさんナースが働く職場のほうが、子育てにも向いていますか?」
「子供と過ごしている日中は、電話連絡は受け取れないです…。メールでやりとりできますか?」

といった些細な悩み、要望に答えてくれますよ。

何より心強いのが、転職先との交渉です。

私が病院で働いていた時は「月3回の夜勤」が規則で決まっていました。

職場によっては、夜勤の回数やオンコールの当番など、いくつかルールがあるでしょう。

たとえ規則がある職場でも大丈夫。アドバイザーが転職先に直接交渉してくれます。

私が転職したところも、正社員だと、夜間のオンコールが必須でした。

しかしアドバイザーが事情を話してくれたこともあり、電話番は外してもらっています。

このように自分にとって、有利な環境を作ることができることが、転職サービスの便利なところですよ。

まとめ:育休後の夜勤がしんどいなら辞めてしまえ

一般的に考えても、「子育て」と「仕事」の両立は大変です。

ここに夜勤や不規則な勤務が加わると、ますます大変さが増します。

毎回夜勤に行く前に「もう行きたくない…限界…」と思うくらいだったら、思い切って仕事を辞めてしまうのもアリですよ。

それに看護師は女社会。

「出産」や「子育て」の大変さを知っているはずなのに、子育てのフォロー体制がない職場もどうかしていると思います。

病院に身を捧げて、自分の子供を可愛がれないのはもったいないです。

1~2歳の子供は特に可愛い時期ですからね。

そんな時に子供といる時間が短くなってしまっては、後になって後悔するだけ。

自分の子供にとって、なにが一番良い選択なのか考えて仕事をするべきです。

それに子育てに理解のある職場だと、本当に気持ちがラクになります。

大変な「子育て」と「仕事」が両立できるように、ぜひ今の環境を変えてみましょう。

オススメの転職サービスは?

オススメの転職サイトは、マイナビ看護師です。

「マイナビ」といえば、就職・転職を支援する最大手企業のひとつ。

認知度の高いサービスですが、実際利用者の満足度が高いことも特徴です。

というのもマイナビは、新卒の就職支援から会計士、保育士、ドクターというように、幅広く就職サポートを行っています。

そのため求人情報の収集力はピカイチ。

「手取り30万以上で、有給消化率は100%のところがいい…!」
「土日祝休みで、オンコールは絶対なし!」

といった無茶な要望にも、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれます。そしてマイナビ最大の強みが、交渉力です。

できたら時短勤務が良いんだけど、転職先に伝えにくい…

求人情報が月給28万~ってなっているけど、できたら30万は欲しい…

こんな要望があれば、アドバイザーに伝えるだけ。

あなたの代わりにキャリアアドバイザーが就職先に交渉してくれるので、話下手な看護師さんや、押しに弱いナースでも、希望の条件をゲットすることができます。

自分は希望を伝えて待っているだけなので、ラクチンですよ。

転職するうえで注意したい点が1つあります。

それはブラック病院、ブラック施設です。

実際に働いてみたら、聞いていた話と違っていた…、というのは転職の失敗談としてよくある話。

有給消化率90%って聞いたけど、実際は、師長に勝手に使われるだけ…

カンファに委員会にミーティング…、いつもサービス残業続き…

夜勤はなしって話だけど、就業規則で月2回の夜勤が義務になっている…

そんな話の食い違いから、転職してすぐに辞めたくなる看護師さんは大勢います。

しかしマイナビ看護師では、心配する必要は一切なし。

臨床で働いているリアルな意見を集めており、求人情報も網羅しているため、ブラック病院を紹介されることはまずありませんよ。

無料で利用できるため、転職を成功させたいなら、ぜひ利用してみましょう。

マイナビ看護師の登録方法とは?

登録は公式サイトより、行うことができます。

[①取得資格(看護師or准看護師などを選択)
②希望の働き方(常勤、常勤夜勤ありなどを選択)
③希望の勤務地
④希望の就業時期

などを選択するだけ。60秒もあれば完了できますよ。

「病院がいいけど、病棟で働きたくない」
「ブランクOKのところがいい」
「新人だから研修が充実しているところがいい」

といった希望があれば、「希望条件」で入力しましょう。

後はキャリアアドバイザーから電話、メールで連絡が来るので、詳しい要望を伝えましょう。

転職を成功させるコツは、言いにくいことでも、相談することです。

朝晩問わず、アドバイザーが親身に対応してくるので、あなたの希望にマッチした求人を見つけてくれますよ。

ぜひマイナビ看護師を利用して、充実した生活と仕事を手に入れましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-医療系コラム, 看護師

Copyright© 失敗しない転職活動ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.