新人セラピスト

「理学療法士に向いていないかも」PTOTに自信をなくした時の3つの対策

この記事はこんな人に向けて書いています。

俺ってリハビリ職に向いていないかも…。全然仕事できないし、どうすりゃいいんだ…

こんにちは、理学療法士をして7年目のホシノといいます。

突然ですが、「俺って理学療法士に向いていないのかな…」と悩んだことってありませんか?

リハビリ職になり1~2年目は悩みを抱えることも多いです。

先輩にキツく怒られることもあれば、患者さんから「他の人に変わってほしい」と言われることも。

そんな時に、セラピストとしての自信を無くしてしまい、

  • このままでいいのだろうか
  • このままリハビリの仕事をしていて良いのだろうか

と自分を見失い、将来が不安になることもあります。

でも、大丈夫。

PTOTをやっていく中で、落ち込むことや自信を無くすことは誰にだってあります。

そんな時に、自分を責めすぎないで、今の自分と向き合うことがとても大切です。

この記事でわかること

  • PTOTとして自信をなくす原因
  • セラピストとして自信をつける方法
  • PTOTとして向いている人の特徴

僕も新人時代は、挫折と苦難の連続でした。

もう理学療法士を辞めようかな、と思ったことは何度もありました。

でも、辞めずに仕事をつづけて7年目。

今では、リハビリの仕事に誇りが持てますし、1年目の頃よりも、今の仕事が好きになっています。

「自信がない…もう辞めようかな…」

と悩んでいる方は、ぜひ一度思い留まってみましょう。

そして今の気持ちと向き合ってみましょう。

ホシノ
辞めたい!という気持ちを乗り越えられると、自信が持てるようになることも多いですよ!

PTOTに自信をなくした時の3つの対策

まず初めにお伝えしたいのが、自信をなくした時の対策です。

対策は大きく3つあります。

  1. 自分を責めすぎない
  2. 周りと比べない
  3. できることを認めよう

それぞれ簡単に解説していきます。

対策1.自分を責めすぎない

「自分なんてダメだ…」
「自分ができる治療なんて微々たるものだ…」

と自信をなくして、自分を責める人がいます。

まず言いたいことが、

  • 自分を責めすぎないでほしい

ということ。

「自分なんてダメだ」という人もいますが、はたして本当にそうでしょうか。

今まで出会ってきた患者さんの中には

「リハビリやってくれてありがとうね」
「お世話になりました、今までありがとうございます」

とあなたに感謝してくれた人も絶対にいるはずです。

そして「私なんてダメだ」と自分を責めることは、患者さんの感謝を踏みにじる行為ではないでしょうか。

たしかに、反省点や改善点があり、セラピストとして至らない点があるかもしれない。

だからといって、自分を責めすぎる必要はありません。

自信を無くして、もうどうしようもなくなったら

  • 患者さんからかけてもらった感謝の言葉

を思い出すと、すこしだけ気持ちがラクになると思います

ホシノ
1年目の頃、僕お自分を責めてばかりいました
ホシノ
でも患者さんから頂いた言葉の数々に救われました

対策2.周りと比べない

もともと学校教育や偏差値の制度は、周りと比べやすくなるようにできています。

「頭の良い高校にはいったほうがいいよ」
「偏差値のいい大学にいくべき」

という意見を聞いたこともあるでしょう。

だから無意識に周りと比べたくなることも、自然なことかもしれない。

といっても、周りと比べても良いことはありません。

「あの人は運動器リハの知識がある」
「同期のアイツは歩行分析がすごい」
「でも自分は…」

というように考えたことありませんか?

でも

  • 周りのポジティブな面 vs 自分のネガティブな面

を戦わせても、勝てっこないです。

患者さんに

「周りの患者さんと比べても意味ないですよ」
「自分のペースで頑張っていきましょう」

という声をかけることは多いです。

患者さんに声をかけるように、自分にも優しくしてあげることが大切。

周りと比べるのではなく、他人は他人、自分は自分、とマイペースになることで、気持ちが楽になります。

対策3.できることを認めよう

「セラピストとして向いていないかも」

と自信を無くした時こそ、自分のできることを褒めましょう。

たとえば、人によっては、脳卒中のリハが苦手で、LLBの歩行練習が上手くできないかもしれない。

でも、運動器のリハが好きで、TKAのリハが得意!であれば、それでいいのではないでしょうか。

できないことに目を向けるよりも

  • 自分の好きなこと
  • 自分の得意なこと

に目を向けてみませんか?

なぜなら知識やスキルも万能で、完璧セラピストなんてまずいないから。

ものすごい知識が豊富な人でも、なにかしら欠点があるもの。

だからこそ、悪いところに目を向けるよりも、自分の良い点に目を向けましょう。

お互い苦手なところや、不足している点を補うためにチーム医療があるので、困ったら誰かに頼ればいいんです。

それにセラピストって仕事柄、悪いところに目をむけます。

筋力が弱い、転倒リスクがある、とか悪い点ばかり気にしてしまうものです。

ホシノ
同じように自分の悪いところに目を向けてばかりは禁物ですよ~!

【状況別】セラピストが自信をつける方法

リハビリの仕事をしていて、自信をつけるにはどうすればよいか。

それぞれの状況別の対策について、解説します。

  1. インシデントを起こした時
  2. 患者さんから嫌味を言われた時
  3. 患者さんが良くならない時

対策1・インシデントを起こした時

インシデントを起こした時って

もう終わった…
仕事辞めたい…
俺なんて…

と落ち込みやいです。反省のバーゲンセール状態。

新人の時にインシデントを起こすと、つい自分を責めがちです。

でも医療事故、医療過誤って、ほとんどがヒューマンエラーが原因で、どこの職場でも起きてしまうもの。

自分を責めてしまい、落ち込んだら、とにかく美味いものでも食べて、早く寝ましょう。

ホシノ
この言葉、僕が新人の頃に先輩に言われました

まずは気持ちを落ち着かせることに全力を注ぐことが大切。

繰り返しになりますが、インシデントは人間の不注意、ミスが原因で起きるものなので、誰しも起こす可能性があります。

インシデントを起こしても、あなたがたまたま起こしてしまっただけ。

他の同期が起こすことは十分にあります。

なのでインシデントを起こしたら、美味しいものでも食べて、ゆっくりお風呂に入って早く寝て、気分をスッキリさせましょう。

インシデントを起こした時に心構えについては、別の記事でも解説しています。

こちらも読まれています

【新人PTOT】インシデントを起こした時の3つの対策と注意点

続きを見る

対策2.患者さんから嫌味を言われた時

「患者さんから怒られる」
「担当を変えて欲しいって言われた」

こんな時に、セラピストとしてのやる気が一気に下がることがあります。

僕も「他の人に代わって!」と言われたことがあり、かなりへへこんだことがあります…。

でも、リハビリって、相手の体に接する仕事のため、人間関係の距離感も近くなりやすいです。

だから「合う」「合わない」がはっきり出やすいんじゃないかな、って思います。

たとえ嫌味を言われても

「自分とは合わなかったんだろうな~」

くらいに軽めに考えることも大切。

ホシノ
友達同士のつき合いだって、「この人とは何か考え会わないんな~」と思うことってありますよね。

患者さんは病気やケガで、自分のことに精一杯。

患者さんが「合わない」と感じた時に、無理に気を使ってもらうほうが、申し訳なく思います。

また患者さんから怒られた時には、上司に相談して、担当を変えてもらうことも、一つの手です。

その際は

  • 自分の言動、見た目、接遇

などを振り返ってみて、反省点を見つけることも大切です。

対策3.患者さんが良くならない時

「全然患者さんがよくならない…」
「俺のせいかな…」

と責任を感じてしまう人もいます。

特に患者さん思いで、真面目なセラピストほど抱えやすいです。

こんな時は、先輩や同期に相談してみましょう。

「自分は勉強不足だからだ」と反省することもあります。

でも世の中は「チーム医療」が大切と言われている時代。

自分だけで良くするのではなく、チーム(リハビリ科)として良くできれば、患者さんにとっても利益ではないでしょうか。

リハビリ科内でも「呼吸器は得意だけど、運動器のリハは…」と得意、苦手が別れると思います

なので、お互いをカバーしながら、患者さんに良いアプローチを提供できれば問題ありません。

患者さんがどうしても良くならない時は、先輩や上司に相談しましょう!

ホシノ
先輩によっては、長年の経験と知識から、適格なアドバイスをくれる方もいます
ホシノ
相談する相手を考えて、質問することも大切ですよ~!

PTOTに向いている人は「○○を持つ人」

じゃあどんな人がリハビリ職に向いているの?

と思う人もいるかもしれません。

最終的には

  • 今の仕事に愛情が持てる人
  • 患者さんに愛情を持てる人

が理学療法士やセラピストに向いているのだと思います。

先輩に怒られたり、スキルの無さを自覚して、落ち込むこともあります。

それでも後から振り返った時に「この仕事は好きだな」と思えたら、それは適職ではないでしょうか。

そして「勉強が苦手」「同期と比べてスキルがない」と言って、自信を無くすことは、もったいないです。

勉強が苦手でも、患者さんに愛情を持って接することで

「リハビリ頑張ろう」「入院大変だけど、ちょっと頑張ってみようかな」

と前向きになる患者さんだっています。

あなたの「この患者さんをなんとか良くしたい」という気持ちを感じて、入院生活を頑張ろうと思う人だって必ずいます。

だから、

  • もう理学療法士辞めようかな

と思った時には、患者さんとまずはゆっくり深呼吸。そのあと今の担当患者さんを思い出してみてください。

「この患者さんはなんとか良くしてあげたいな」

と思えたら、理学療法士、作業療法士に向いているはず。

ホシノ
「目の前の患者さんを良くしたい」は医療の原動力。この原動力を武器にして、医療は発展してきました
ホシノ
なので「良くしたい」という気持ちがあれば、PTOTに向いていないことはありません

まとめ:ありのままの自分を受け入れよう

モデルのローラはこんなことを言っています。

迷ったら楽しい方を選んで、
迷ったら明るい方を選んで、
迷ったら好きな方を選んで。
その方が長続きするし成功する確率が高くなるから

と、めちゃくちゃ良いことを言っています。

自分を責めすぎず、周りと比べず、自分を認めながら、

  • マイペースに仕事を向き合うこと

も、大切です。

仕事は「リハビリの実習」のように期間が決まっているものでもありません。

長期的に続いて、あなたの人生の一部になっていきます。

なので、時にはマイペースでのんびり仕事をしても良いのではないでしょうか。

人によっては、今の職場が合わないから、「セラピストに向いていない」と感じることもあります。

でも「職場に合わない」が、イコール「セラピストに合っていない」とは限りません。

人間関係やムチャな残業のせいで、仕事を楽しめていないのかもしれない。

そのため環境を変えることで、解決できることもあります。

もし「リハビリの仕事」ではなく、「職場」に不満があって、仕事を辞めたくなっているなら、職場を変えるという選択肢も考えてみましょう。

職場を変えることで、リハビリ職のやりがいを再確認できることも多いです。

なにより職場を変えることで、人間関係や給与がガラっと変わります。

生活の質が大きく上がることも少なくありません。

ぜひ職場を変える勇気を持ってみましょう。

ホシノ
職場そのものが合っていないと、仕事に自信が持ちづらくなります
ホシノ
そんな職場でずっと働いていると、メンタル病む原因になるので、気をつけてくださいね

病院選びを失敗したくないなら

「次に働く場所は、人間関係が良くて、楽しくリハビリできるところがいいな」
「サービス残業はなくて、プライベートをもっと充実させたい!」
と考えるなら、大手の転職サポートサービスをオススメします。

なぜならハローワークや求人誌、有名ではない転職サイトだと、圧倒的に求人情報の量で劣るからです。
くわえて職場の裏側の情報にも詳しいサポーターもいるので、ブラック病院を回避できる可能性が高いです。

こちらのわかがまな条件を通しやすくて、給与交渉もしてくれるので、「自分の意見を強く言うのが苦手…」という方は活用しましょう。

それに転職にした方の成功談、失敗談も事前にわかります。

「転職したけど後悔した…」

と失敗しないように、職場探しは情報を集めることがなにより大切です。

※一般には公開されていないクローズドの求人もあります。複数のサービスに登録すると、選択肢が広がります。

-新人セラピスト

© 2021 Reha TIps -リハティップス-