転職活動に必要な知識やヒントを提供しています。

失敗しない転職活動ガイド

医療系コラム 看護師

看護師の有給が勝手に使われるのは異常。有給が取れないブラック病院は退職も考えよう

ピヨコ
ねーねー聞いてよ~
センセー
どうしたんじゃ?
ピヨコ
私の有給が勝手に使われたのよ…
センセー
本人に確認もせずに、シフトに有給をぶち込むのは、看護士業界の悪しき風習じゃ

 

センセー
だけど我慢し続けるナースも非常に多いのじゃ…

病院で働いていると一度は経験することが「確認のない有給消化」です。

リーダーや師長が中心となってシフトを作りますが、知らぬ間に有給を使われることがあります。

なぜ有給を使ったのか、話を聞いてみると「有給が余っていたから」という謎理由が返ってくることも。

そのうえ勤務表を作る管理者ほど、自分にとって都合のいいシフトばかり作ることもあります。

当たり前のように連休を取る師長も多いでしょう。

そんな勝手な勤務日程や、自分の希望を無視したシフトに悩む看護士は少なくありません。

とはいえ泣き寝入りする人がほとんど。

シフトを作る人は、自分よりも目上の上司です。

たとえ文句があったとしても、気持ちを押し殺して、はいおしまい。

「看護士の有給は元々ないものだと思ったほうがいい」

という雰囲気すらあります。

しかし私たち看護士はボランティアではありません。

そもそも有給は労働者の権利。有給を使ってナンボなのです。

ピヨコ
でも勝手に有給使われた時ってどうすればいいのさ…
センセー
そんな時に泣き寝入りしないで、きちんと対策することが重要じゃぞ

さて今回は看護士の有給が、勝手に使われた時の対策などについて解説していきます。

看護師の有給消化率は高い。しかし現場と大きな差があります

センセー
ところで看護士の平均的な有給消化日数ってどれくらいか知っているかのう?
ピヨコ
1年間に5~6日くらいかな?
センセー
正解は8日じゃ
ピヨコ
えー!そんなに多いの!?でもそんなにうちの病院取れないよー!

2014年に報告された「看護職員の労働実態調査」によれば、平均的な有給消化日数は、8.86日というデータがあります。

さらに完全消化率は44.5%

つまり看護士の4割強は、有給を完全消化し、看護士全体で見ても8~9日の有給を1年間に取得していることが報告されてます。

 

(参考:看護職員の労働実態調査「報告書」)

これは一般職と比べても、中々の好成績です。

とはいえ実際の現場とは大きな差があります。

「有給が取れている」といっても、希望していない休みばかり。

師長判断で有給を使われることもあり、「他の勤務者との調整のため」という理由で強引に有給を入れられてしまうことは多いです。

そのため有給を使えたとしても、使った実感はありません。ただの休みに終わってしまうことも…。

このように有給に悩む看護士は少ないのです。

ピヨコ
希望もしていない日に有給を使われると、ストレス溜まるよね
センセー
看護士の離職率の高さも、有給が関係しているかもしれんのう

退職時に有給消化できない。ブラック病院にありがちです

有給が勝手に使われてしまうことは、看護士としては大きな悩みです。

その他に「退職時に有給が取れない」ことも、臨床では大きな問題となっています。

たとえば日本看護協会では、こんなQ&Aがあります。

Q.今まで使えずにたまっている有給休暇を退職前に消化したいのですが、上司が認めてくれません

A.有給休暇は職員の希望期日に取得させることが原則です。
病院側は「事業の正常な運営を妨げるおそれがある」場合に限り、取得期日を変更する権利(時季変更権)がありますが、退職直前に退職日までの有給休暇を請求している場合は行使できません。
あなたには全ての有給休暇を取得する権利がありますが、病棟の苦しい事情をくんで請求日数を決め、病院側には取得できずに残る有給休暇を買い上げてもらうよう、交渉してはいかがでしょうか。

(参考:看護職の働き方改革の推進)

このような質問が協会に寄せられるほどです。

つまり退職時に有給を消化できないというのは、多くの看護士が抱える悩み。

ただしこの悩みに対しては、協会は「有給を買い取ってもらいましょう」「病棟の苦しい状況を考えながら、交渉しましょう」とアナウンスしているだけです。

「交渉して、有給を買い取って貰えれば、苦労しねーんだよ…」

という気持ちが湧き上がりますが、実際は泣く泣く有給を捨ててしまうことがほとんど。

そして

  • 有給を買い取ってくれない
  • 退職時に消化できない
  • 希望していない日に使われる

の3つが揃った病院ほど、ブラック病院率が高いです。

「有給は取るものではなく、捨てるもの」と考えている看護士も少なくありませんね。

センセー
一般職であれば、有給を貯めて、辞める時にドバっと使うこともあるのう
ピヨコ
私も一気に有給消化して「人生の夏休み」を味わいたい!
センセー
でも有給の自由さがないと、夏休みを謳歌することもできないのじゃ

有給が自由に使えない時の対策とは。

有給を「勝手に使われる」「退職する時に使えない」といった時の最善の対応は「リーダー、師長、部長に交渉する」ことです。

シフトを作っているリーダーに交渉して、ダメだったら師長に相談。

師長が話を聞いてくれない時は、部長に交渉…

というように目上の人に相談するべきです。

というのも、リーダーや師長は一般企業でいう「中間管理職」に当たります。

部長や病院の方針に従いつつ、現場の声を聞く…。

そんな板ばさみの環境にあっているため、立場の低い看護士には強気でいることが多いのです。

管理職によっては、現場の悩みに耳を傾けてくれる人も少なくありませんよ。

ピヨコ
でも師長や部長が話を聞いてくれなかった時はどうすればいいの?
センセー
その時は「相談窓口」や「労働局」に相談する方法もあるのう

一般企業であれば、「労働組合」「コンプライアンス係り」という名前で、「相談窓口」を用意しているところもあります。

しかし病院の場合、労働組合はないことが一般的。

「労働者の悩み?自分でなんとかしてね」

というスタンスの病院も珍しくありません。

ただし「医労連」という医療労働者の権利を守る団体があります。

ざっくり言えば、個人で加入できる労働組合であり、有給問題やサービス残業の相談について対応してくれます。

とはいえ相談をしても、行動までに時間がかかる傾向があります。

加入費用もかかるため、本気で労働環境を変えようと思ったら、根気が必要になりますよ。

労働局(労働基準監督署)は国が運営しており、より時間がかかることがあるため注意が必要です。

センセー
組合や窓口っていうのは、労働者からヒアリング→アンケート→調査→行動、という形で進むのじゃ
センセー
そのため目に見える改善を感じるのは、中々時間がかかるから注意するのじゃ

休みが取れない時は泣き寝入りするしか対策はない?

リーダー、師長、部長に相談しても対応してくれない。

そして身近に頼れる相談窓口もない。

このような環境では、基本的に泣き寝入りするしかありません。

ただし1つだけ、改善策があります。

それは今の職場を辞めて、別に病院に移ることです。

「職場の働きやすさ」を改善するよりも、自由に休みがとれて働きやすいに病院に移ったほうが、ストレスなく仕事をできますよ。

職場によっては、有給消化率100%の病院もあるほど。

これは勝手に使われる有給ではなく、希望した休みです。

元々看護士の労働環境の悪さは以前から指摘されていて、妊婦の看護士でも夜勤を強制されたり、流産したりと、問題にもなっていました。

2014年の「労働実態調査」でも、看護士の7割は慢性疲労を抱えています。

さらには看護士の69%は時間外労働を強制されている状況。

これら問題から「働きやすい職場作り」に力を入れている病院もありますよ。

ただし休みが取れやすい職場、風通しの良い職場は、中々判断することができません。

たとえ病院の求人広告が「休みが多い職場です!」「有給消化率100%です!」と言っても、無理やり消化しているケースも少なくないのです。

そのため職場で働いている、リアルな意見を集めることがカギとなります。

ピヨコ
でもどうやって意見とか集めるの?それに集めた口コミが本当かどうかはわからないし…
センセー
ネット上の口コミだけでは判断が難しいところじゃのう
センセー
そんな時は「転職サービス」が便利じゃぞ

希望有給が取れる職場で、自由な時間を手にいれよう

転職サービスを使えば、病院内のリアルな声を集めることができます。

というのも大手転職サービスでは、年間10万人以上の利用者がいます。ストックしている情報量も豊富ですよ。

サービスを提供する前には「なぜ前の職場を辞めたのですか?」というヒアリングを行っているため、偽りない生の情報を集めることができます。

「うちの職場は、風通しはまずまず。だけど管理職同士の仲が悪くて、いつも師長同士がバチバチしています」
「2ヶ月前から有給を希望したのに、取れないことはかなり多い。だけどそんな環境にはもう慣れました」

こんな意見をラクに集めることができますよ。

ピヨコ
転職サービスってどんなことができるの?
センセー
主に「求人の紹介」と「転職までのバックアップ」じゃ。
センセー
1人1人にキャリアパートナーという担当がついて、いろいろ手助けしてくれるぞい
センセー
大手サービスほど、一般には出回っていないレア求人を抱えているから、一度はチェックするべきじゃ
ピヨコ
へー、ガチの高待遇求人も多いんだね!
センセー
それに興味のある求人があれば、書類作りのサポートから、見学の調整まで、全部サービス会社がやってくれるんじゃ
ピヨコ
じゃあ自分はなにもしなくていいの?
センセー
そうじゃ、お前さんがテレビ見ている時にせっせと動いてくれるんじゃぞ
ピヨコ
すごいラクチンだね!

最近の傾向としては、施設や訪問看護ステーションで、休みの融通が利くところが増えてきています。

しかしやみくもに、求人の宣伝文句を信じるのはリスキー。

ブラック施設だと、次年度の有給まで勝手に使われ、「有給マイナス」ということも…。

転職サービスによっては、ブラック病院、ブラック施設の調査に力を入れていますよ。

今の働き方に不満があるなら、ぜひ理想の職場を探しましょう。

我慢をしているだけでは、なにも変わりませんよ。

オススメの転職サービスは?

オススメの転職サイトは、マイナビ看護師です。

「マイナビ」といえば、就職・転職を支援する最大手企業のひとつ。

認知度の高いサービスですが、実際利用者の満足度が高いことも特徴です。

というのもマイナビは、新卒の就職支援から会計士、保育士、ドクターというように、幅広く就職サポートを行っています。

そのため求人情報の収集力はピカイチ。

「手取り30万以上で、有給消化率は100%のところがいい…!」
「土日祝休みで、オンコールは絶対なし!」

といった無茶な要望にも、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれます。そしてマイナビ最大の強みが、交渉力です。

できたら時短勤務が良いんだけど、転職先に伝えにくい…

求人情報が月給28万~ってなっているけど、できたら30万は欲しい…

こんな要望があれば、アドバイザーに伝えるだけ。

あなたの代わりにキャリアアドバイザーが就職先に交渉してくれるので、話下手な看護師さんや、押しに弱いナースでも、希望の条件をゲットすることができます。

自分は希望を伝えて待っているだけなので、ラクチンですよ。

転職するうえで注意したい点が1つあります。

それはブラック病院、ブラック施設です。

実際に働いてみたら、聞いていた話と違っていた…、というのは転職の失敗談としてよくある話。

有給消化率90%って聞いたけど、実際は、師長に勝手に使われるだけ…

カンファに委員会にミーティング…、いつもサービス残業続き…

夜勤はなしって話だけど、就業規則で月2回の夜勤が義務になっている…

そんな話の食い違いから、転職してすぐに辞めたくなる看護師さんは大勢います。

しかしマイナビ看護師では、心配する必要は一切なし。

臨床で働いているリアルな意見を集めており、求人情報も網羅しているため、ブラック病院を紹介されることはまずありませんよ。

無料で利用できるため、転職を成功させたいなら、ぜひ利用してみましょう。

マイナビ看護師の登録方法とは?

登録は公式サイトより、行うことができます。

[①取得資格(看護師or准看護師などを選択)
②希望の働き方(常勤、常勤夜勤ありなどを選択)
③希望の勤務地
④希望の就業時期

などを選択するだけ。60秒もあれば完了できますよ。

「病院がいいけど、病棟で働きたくない」
「ブランクOKのところがいい」
「新人だから研修が充実しているところがいい」

といった希望があれば、「希望条件」で入力しましょう。

後はキャリアアドバイザーから電話、メールで連絡が来るので、詳しい要望を伝えましょう。

転職を成功させるコツは、言いにくいことでも、相談することです。

朝晩問わず、アドバイザーが親身に対応してくるので、あなたの希望にマッチした求人を見つけてくれますよ。

ぜひマイナビ看護師を利用して、充実した生活と仕事を手に入れましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-医療系コラム, 看護師

Copyright© 失敗しない転職活動ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.