転職活動に必要な知識やヒントを提供しています。

失敗しない転職活動ガイド

リハビリ 医療系コラム

【ママさんのPTOTSTへ】育休後の再就職でよくある失敗とは。ブランク明けの不安と転職対策。

ピヨコ
はぁ…どうしよう…
センセー
ぴよこちゃんどうしんたんじゃ?
ピヨコ
結婚からの妊娠をきっかけに育休を貰ったんだけど、子供もうすぐ1歳。仕事復帰できるか不安で…
センセー
ブランク明けの仕事に不安を感じるママさんセラピストは多いんじゃ。心配になる必要もないんじゃ

一度臨床や現場から離れると、リハビリセラピストとして戻ることに不安を感じます。

「子育てと両立できるか不安」
「仕事についていけるか心配」

といった悩みを抱えるのは、ママさんとしては当然です。

人によっては結婚、出産を機会に、長年努めた病院を退職。

そして1~2年の子育て後に、再び働こうとするママさんPTやOTは珍しくありません。

しかし、育児と仕事の両立は大変です。

いくら施設が「うちは子育てのバックアップ体制を整っていますよ!」と宣伝しても実際に働いてみないとわからいこともあるでしょう。

中には子育てにストレスを抱え、仕事にもついていくことができないため、再復帰後にすぐに辞めてしまう方も多いのです。

ピヨコ
子育てとブランク後の再復帰…どっちも不安だよ~
センセー
たしかに心配になるのは、よくあること。だけど子育てと仕事を両立させるためには、コツあるのじゃ
センセー
まずはママさんセラピストが直面する心配事を知っておくことが重要じゃぞ

子育てがわからないことだらけ。

そこに久しぶりの仕事が加わると、よりストレスフルになってしまいます。

だけど大丈夫。

子育てと仕事を成功させるには、コツがあるのです。

ただやみくもに不安を感じて、なにも対策せずにいると、子供と一緒にいる時もストレスを抱えます。

そんなストレスを子供に向けてしまうお母さんも少なくありません。

後々になって「こうしておけばよかった」と後悔してしまうことも…。

さて今回はママさんセラピストが仕事と子育てを上手にやっていく方法や対策について、解説していきます。

育休明けのママさんセラピストでよくある失敗。

子育てをしながら、リハビリ業務をするとどんな失敗があるのでしょうか。

よくある失敗談をご紹介します。

よくある失敗1.勤務時間が柔軟ではない。

ピヨコ
大変だ!子供を預けている保育園から連絡があって、39度の熱があるみたいなんだ!
センセー
それはいかんのう…急いで迎えに行って、病院に診てもらわないと。
センセー
ところで急に早退しても、ぴよこちゃんの職場は大丈夫かい?
ピヨコ
…!

1~2歳の子供はなにかと不安定です。

突然高熱を出したり、体調が悪くなることも珍しくありません。

そんな時に勤務先の病院や施設が、頭のカタい職場だと嫌がられることもあります。

たとえ上司が

「お子さん大変だね!今日は早く帰って面倒みてくださいね!」

と言っても、いきなり穴が出てしまうと、現場が混乱してしまうことはよくあります。

パワハラ気味の態度ワンマン上司だと、急な早退にイヤな顔する人もいるでしょう。

なにより子供の看病で休みがちになると、職場に対して申し訳なく思うママさんは少なくありません。

そんな時に、

  • 職場がどれほど育児や子育てに寛容なのか
  • 勤務体型、勤務時間にどれほど柔軟に対応してくれるのか

というのは重要です。

職場によっては、時短勤務もできない職場もあるほどです

ブラック病院だと、育休明けでも人手不足を理由に「フルタイムで出れない?お願い!」と言われることもあります。

もし新しい仕事を見つけている最中なら、勤務時間に融通が利くかどうかも確認しましょう。

ピヨコ
面接や見学で「うちはママさんセラピストも多いから、働きやすいですよ♪」ってセリフよく聞くよね
センセー
都合のいい話は、鵜呑みにしないことも大切じゃぞ。できるだけ現場のリアルの声や意見を集めるのじゃ。

よくある失敗2.残業時間が長引いてしまう。

病院ほど勉強会、資料作り、カンファレンスで、残業が発生することがあります。

たとえ時短勤務だったとしても、月末や月変わりは定時に帰れないママさんPTもいるほど。

「リハビリテーション実施計画書」に追われたり、在宅分野によっては「リハビリ報告書・計画書」に追われることも珍しくありません。

そんな時に周りのスタッフがどれほど助けてくれるか、というは大切です。

管理者が優しい人だと

「ちょっとくらい遅れてもいいよ!また今度来た時に仕上げてね!」

と気を使ってくれる上司もいます。

しかし書類関係は、締め切りに細かい病院はかなり多いです。

ですから時短勤務やパートでも、早い時間に帰れないこともありますよ。

ピヨコ
求人情報によっては、一ヶ月の残業時間を紹介しているところもあるよね
センセー
残業に関しては、あまりアテにしないほうがいいぞ
センセー
「月平均10時間の残業」という職場があっても、残業ゼロのベテランと、残業20時間の新人がいれば、「平均10時間」じゃ
センセー
保育園の送り迎えがあるママさんは、残業時間はもちろん、勉強会やミーティングの回数などもチェックするんじゃぞ

よくある失敗3.他のセラピストと交流が取れない。

職場内の人間関係は非常に大切です。

昔も今も「職場内の人間関係」は、退職を決心する理由としてランキング上位。

育休中にしばらく人と話していないと、新しい人間関係に戸惑ってしまうことはよくあります。

そのため産休明け後に、

「職場に馴染めるかな?」
「若い子ばかりで、打ち解けられなかったどうしよう…」

という悩みは、ママさんセラピストが抱えるよくある悩みでう。

そんな時に同僚や先輩、職場内に同じママさんPTやOT、STがいると、グッと心に余裕が持てますよ。

筆者が働く職場では、子育て中のセラピストも多いです。

お昼休憩中には、

「子供の運動会が今度あるんだけど、なに着ていけばいいかな?」
「保育園に入れなかったんだよね、認可外にしようと思うんだけどどうかな?」
「中学受験させようと思うんだけど、お金が馬鹿にならないよね…」

という子育てをしているお母さんだからこそ悩みで、賑わっています。

同じ悩みを共有できるとストレスはもちろん減ります。

それ以上に子育てママさんをフォローする体制が整っているので、職場に同じ境遇の人がいるのは心強いですよ。

センセー
新しい職場を探すときは、ママさんスタッフがいるところをオススメするのう
ピヨコ
やっぱり同じ話ができると、仲良くなりやすいもんね
センセー
特に管理者や役職者に、子育て経験のあるセラピストがいると、いざという時に助けてもらいやすいのう

育休後の仕事が不安。環境を変えることが大切です

育休後の仕事と、子育てに苦戦するPTやOT、STは大勢います。

そもそも「不安」を抱えて、あれこれ心構えはしているのに、なぜ失敗はしてしまうのでしょうか。

「仕事と子育てを両立できるか不安…」
「1年ブランクあるし、知識やスキルが足りないかも…」
「ずっと家にいたし、1日18単位も取れる体力なんてないよ…」

そんな不安はつきもので、そして失敗もしやすいです。

正直、仕事と子育てがどっちも上手くいかないのは、あなたのせいではありません。

再び仕事を辞めることになっても、働くママさんの責任ではないのです。

実は「働く環境」が大きな割合を占めます。

「子育ては環境が9割」という言葉があるように、環境次第で子供にも良い影響、悪い影響を与えます。

その影響の良し悪しは、働くお母さんの状況に左右されるのです。

つまり子育てを乗り切るためには、職場の環境が第一。

お母さんが余裕を持って仕事をすることは、子供にも成長にもメリットが多いですよ。

ピヨコ
でも職場の環境を変えるってどうすればいいのさ…
センセー
根本的に変えるのは、転職しかないのう
センセー
だけど妊娠をきっかけに仕事を辞めた人はむしろチャンスじゃ
センセー
再就職をする時に、いかに子育てしやすい職場を選べるかが、子供の成長にも繋がるぞい

育休後の再就職、転職は生活期分野が働きやすい

ピヨコ
具体的にどんな職場だと、働きやすいのかな~
センセー
オススメは維持期や、生活期分野じゃ
センセー
中でも訪問リハビリは働きやすいと評判が高いのう。訪問分野は急性期のように急な検査や処置は入らん
センセー
回復期のように入浴時間や他のスタッフの介入を気にせんでもええ

訪問リハビリを行っている「訪問看護ステーション」は、もともと看護師さんが働くフィールドです。

PTやOT、ST以上に、女性社会が根強い環境なのです。

そのためママさんスタッフが働く看護ステーションでは、時短勤務や子育てのバックアップ体制にも力を入れている職場が多いですよ。

筆者が働くステーションでは、車移動がメインです。

病院内でのリハビリと違い、車移動中に座って休めるので、そこまで疲労感は感じません。

なにより「予定の時間よりも早く利用者さんの家に着いたから待ってよう」というように、スキマ時間も多いです。

そのため自宅や子供にも電話連絡がしやすいですよ(こっそりですが…笑)

訪看では病院でよくある業務後の勉強会はほとんどありません。

たとえ勉強会、カンファレンスを行うとしても、朝の時間帯やお昼休憩にやることがほとんど。

というのも、家庭を持つ看護師さんやスタッフが中心のため、プライベートを配慮したスケジュールになっているところが多いです。

子育てと仕事を両立させたいなら、育児に理解のある職場を選びましょう。

子育てをしながら病院で働きたいなら「託児所完備」の職場を選べ

ピヨコ
でも在宅分野はあまり興味が持てないな~
センセー
もし病院で働くなら、託児所完備があるところがオススメじゃ
センセー
仕事終わりにサクっと寄って、一緒に帰ることができるからのう

最近では院内に託児所がある病院も珍しくありません。

わざわざ保育園に寄って、送り迎えする手間もないので、忙しいママさんにとっては心強いです。

また院内託児所は、一般的な認可外保育園などと比べても、料金が控えめ。

福利厚生や社員サービスのひとつして利用できるため、月1~2万で利用できる施設もありますよ。

それに外部の託児所と提携している訪問看護ステーションもあるほどです。

女性が働きやすい職場が増えているのは、素晴らしいことですよね。

とはいえ難点が1つあります。

それは託児所のある病院や施設、看護ステーションの人気の高さです。

たとえ求人を出したとしても、すぐに応募が殺到。

「求人自体が見つからない!」と悩むママさんも多いでしょう。

つまり託児所完備や、子育てに理解のある職場ほど、求人を探すことが大変なのです。

ピヨコ
やっぱり良い待遇の職場って探すのも難しいよね
センセー
そうなんじゃ。「良い給料で働きたい!」という人が多いように、育児がしやすい職場は人気があるのじゃ
ピヨコ
じゃあ、仕事探しって大変なんじゃないの?
センセー
最近はそうでもないのう。「転職サービス」を使えば、それほど難しくないのじゃ

転職サービスを利用して再就職を成功させよう

転職サービスとは「転職をバックアップしてくれるサービス」のことです。

いろいろなメリットがありますが、転職サービスを使うと、こんなことができます。

  • あなたの代わりに求人情報を探してくれる
  • アドバイザーが1人1人に担当するから、悩み相談がしやすい
  • 履歴書の作成、職務経歴書作りのお手伝いをしてくれる
  • 面接をサポートしてくれる

などなど、できることが様々。

たとえば「昼間は仕事で、夜は育児…全然時間がないよ…」というママさんであれば、要望を伝えて、後は待つだけ。

「時短で働けて、土日は絶対休みたい。」
「できたら病院がいいけど、1日にとる単位も考慮してくれるところがいいな…」

というように、多少無茶な要望を伝えても、アドバイザーがあなたの希望にそった求人を集めてくれます。

特に転職サービスの強いところが、内部情報の収集です。

子育てしやすい職場の多くは、男女比が1:1、もしくはやや女性多めくらいのところが多いです。

しかし男女比を掲載していても、若い新人の女の子ばかりの職場もあるほど。

アドバイザーに情報収集をお願いすると、

  • どれほど子育て中のスタッフがいるか
  • 時短勤務中のセラピストの割合はどれくらいなのか

といった深い話まで聞くことができます。

そのため「仕事選びを失敗したくない」「仕事と育児、どっちも頑張りたい!」という人には、とても便利です。

「二兎追うものは一兎も得ず」ということわざがありますが、「二兎」追わなければ、自分だけでなく子供の人生にも響いてきます。

ぜひ転職サービスを利用して、育児も仕事も充実させましょう。

オススメの転職サービスは?

オススメの転職サイトは、PT/OT人材バンクです。

PT/OT人材バンクは転職・就職業界の最大手の1つである、SMSキャリアが運営しています。

一般職の求人サイトとは違い、医療関係に特化した転職サイトであるため、求人数はピカイチです。

常に1万件を超える求人数を抱えているだけではなく、求人サイトには載っていないレア求人もありますよ。

たとえば「年収500万円以上の高収入求人」や「年間休日が130日以上あり長期休暇が取れやすい求人」などがあります。

収入が高いと家計にもラクですし、自分にもご褒美ができます。

7~10日といった長期休暇がとれると、ためらうことなく旅行に行くこともできますよ。

求人サイトや情報誌などを見て、

なんかピンとこないんだよね…希望している求人がなかなか見つからないんだよな~

と一度でも経験したことがある人には、オススメですよ。

しかし転職を行う上で、注意点が1つあります。

それはブラック病院、ブラック施設です。

仕事終わりは17時って聞いてたけど、資料作りにミーティングに、毎日24時まで職場にいる…
寮完備でボーナスが出るって聞いていたけど、聞いていた話と全然違う…

そんなブラック病院やブラック施設は避けなければなりません。

PT/OT人材バンクでは、キャリアドバイサーが事前に求人情報を審査、チェックしています。

そのためブラック求人にひっかかる心配もありません!

また転職活動はいざしてみると、時間のなさ、面倒さ、履歴書や面接の準備などで、モチベーションが保てないことが非常に多いです。

転職活動もうやめようかな…
どこの職場もそんな変わらないし、もうこの求人にしようかな…

と、つい転職そのものに妥協をしてしまうことも。

せっかく今の職場より、良い待遇で働けるチャンスがあるのに、妥協してはもったいないです。

PT/OT人材バンクでは、担当のアドバイザーがつき、あなたの求人の希望はもちろん、転職に関する悩み相談できますよ。

特にPT/OT人材バンクの情報収集能力というのはコメディカル業界トップです。

というのも希望の求人があれば、アドバイザーを通して内部事情まで教えてくれるからです。

別の求人サイトを見て、○○病院が気になっているんですけど…
以前、○○病院に勤めていた方が、私たちのサービスを利用したことがありまして…。
実は○○病院は、上層部の管理体制がいい加減なので、上司の気分に振り回される現場は大変みたいです。ですので○○病院はオススメはしませんよ

というように、表に出てこないような裏話を教えてくれることも多いです。

ちなみにサイトの登録はもちろんのこと、キャリアドバイザーの利用、転職活動の支援など全て無料です。

転職業界の大手だからこそできるサービスなのです。

PT/OT人材バンクの登録方法について

登録する場合、公式サイトより「登録フォーム」を記入します。(登録は1分で終わります。)

①はじめに、所有資格(PT、OT、ST)を選択し、「希望の職種」「常勤か、非常勤か」を選択します。

②続いて「現在の状況」「希望転職時期」を記入します。就職希望時期は、大雑把でも大丈夫です。

③次に「名前」「生まれた年」を入力後に、「住所」等を記入します。

④最後に、「携帯番号」「メールアドレス」などを入力して、登録は終わりです。

スマホを使って入力すれば、1分程度で登録は完了します。

登録完了後は、担当者より電話、あるいはメールで連絡があり、具体的な希望求人のヒアリングがあります。

PT/OT人材バンクのキャリアアドバイザーの情報収集の力はとても頼りになるので、希望している条件をきちんと伝えましょう。

「職場は病院で、年収を100万上げたい」

「クリニックで、年間休日数が130日欲しい」

「在宅なんだけど、風通しがいい職場で働きたい」

というように、無茶な要求でも伝えましょう。あなたの代わりにアドバイザーが、徹底的に求人を探してくれますよ。

ぜひPT/OT人材バンクを利用して、今よりワンランク高い生活を手に入れましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-リハビリ, 医療系コラム

Copyright© 失敗しない転職活動ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.