新人セラピスト

【失敗談】理学療法士7年目になって後悔している5つのこと

この記事はこんな人に向けて書いています。


まだ臨床にでて間もないけど、仕事と家を往復しているだけ…。このままの生活をしていて本当にいいのかな?

こんにちは、理学療法士のホシノといいます。

突然ですが、社会人になると、あっという間に時間が過ぎます。

「仕事をはじめたら時間が経つのは早い」
「気づいたら30歳になっている」

という話は、よく聞く話です。

僕も新人の頃から聞いていた話題ですが、僕も社会人になって7年目。

時の流れの早さに、驚いています…!

いや~本当に時間が経つのは早い。あっという間。おまえは5G並みのスピードなのか。

そして過去を振り返ってみると、

「あの時こうしておけばよかった」
「新人の頃、もっとこんなことをやっておけばよかった」

という後悔もたくさんあります。

この記事を読んでいる方には、ぜひ同じような後悔を感じて欲しくない。

そんな思いで、この記事を書きました。

この記事でわかること

  • 理学療法士7年目が過去を振り返って思う失敗談
  • 新人セラピストが心がけておくべきこと
  • 後悔なく仕事と向き合うコツ

過去を振り返ってみると、誰しも後悔することはあるでしょう。

でも、後悔してばかりの人生だと、生活はつまらなくなってしまうもの。

よりベターな選択していくことで、自分のQOLを上げれると思います。

患者さんのQOLを上げるのではなく、たまには自分のQOLを考えてみませんか?

ぜひ後悔しないためにも、僕の後悔を知ってください。

理学療法士7年目になって後悔している5つのこと

臨床に出て7年目。

30代になり、特に感じる後悔は下記の5点です。

  1. 一般常識を勉強しなかったこと
  2. リハビリの知識とスキルが不足していたこと
  3. 職場に身を捧げすぎたこと
  4. プライベートを充実させなかったこと
  5. 早めに転職しなかったこと

それぞれ解説していきます。

後悔1.一般常識を勉強しなかったこと

病院職って、狭い環境の社会で、働くことが多いです。

体のことや、医療のことなら、ちょっとわかる。

でも政治や経済のこと、一般職であれば知っているような常識も、病院で働いていると、わからないことがたくさんあります

ホシノ
以前、一般事務をしている友達と話していたら、「え?お前そんなことも知らないの?」と言われました

リハビリ職含め、コメディカルはどうしても世間に疎くなります。

でもリハビリ職含む、コメディカルは国の方針や制度の影響をもろに受けるので、新人の頃からもっと勉強しておけば…と今では思います。

特に

  • 診療報酬や、介護保険、医療保険の制度

は国の方向性で大きく変わります。僕らの給料にも関わるし、今後も注意して国の動きを見なければいけません。

社会人になった時から、新聞読むなり、ニュースを見るなりして、アンテナを広げておけば、と今では後悔があります。

ホシノ
医療以外の分野(IT分野など)のニュースを見たり、政治のことを知るのは、本当に大切。
ホシノ
給料を上げて欲しい、と悩むセラピストは多いけど、給料アップするためには医療業界がどう変わる必要があるのか、ということがニュースを見えてくることも多いです

後悔2.リハビリの知識とスキルが不足していたこと

新人の頃は

  • この患者さんにとっては、このリハビリがベスト

と考えていたものも、後から振り返ると「やっぱり違っていたかも」と思うことがあります。

ホシノ
いざ、過去の自分を客観視できるようになると、いろいろな見方ができるようになりますよね…。

患者さんをリハビリして、無事退院できたけど、今思うと

  • もっと他に良いアプローチがあったのではないか

と思うことは何度もあります。

そして「退院後の患者さんの生活は大丈夫だろうか」と心配になることも少なくありません。

たぶん病院職をしていると、誰しも「別の評価、治療しておけば良かった」と思うことがあります。

後悔、というより反省ですが、こんな反省や後悔をしながら、自分を成長させていくしかないですよね。

ホシノ
今やっているリハビリが、本当に最適か?別の方法もあるのでは?と自分に質問するのは、リハビリあるあるではないでしょうか

後悔3.職場に身を捧げすぎたこと

僕が社会人1~2年目の時は、毎日20~21時に帰宅していました。

そんなに遅くまで何やってたの?

と思われるかもしれませが、当時の病院は定時が17時でした。

が、早く帰るのが申し訳ない。

忙しい先輩を見て、自分が早めに帰ってはいけない、と思い込んで、謎の責任感を持っていました。

そのため空いた時間ができては、先輩・上司から仕事を貰っていたのですが、今思えばムダな雑務も結構やっていました

たとえば

  • カンファレンスで必要な資料作り
  • 病院回診で使う資料作り
  • 先輩が県士会で発表するパワポ作り

など、よくわからない業務もやっていました 笑

*県士会-理学療法士協会の、都道府県別の集まり

先輩が学会で発表する論文を作成したり、動画作りもやっていました。そんな仕事を後輩にさせるな。

得ることもあったのですが、職場に身を捧げすぎて、プライベートな時間はほとんど持てず。

この時間で勉強できたことはたくさんあったと思うし、趣味にも費やせたと思うと後悔が残ります。

ホシノ
先輩より先に帰るのは、申し訳ない、と思う新人さんは多いはず
ホシノ
職場の上司は、誰よりも早く帰るように努力してほしいです

後悔4.プライベートを充実させなかったこと

社会人になって7年目。

30代になりに特に思うは

  • 20代の頃はもっと遊んでおけ…!

ということ。

いや、遊ぶと言っても、友達と飲みに行ったり、クラブに行ってパーリーピーポーしろとか、そんな話ではない。

  • なにをやっている時が楽しいのか見つけろ。そして好きなことに熱中しろ

ということを強く言いたいです。

理学療法士になって7年たち、振りかえると、本当にあっという間でした。

病院に行って、リハビリして、帰宅して、寝る。

これだけの繰り返しをしていけば、生活できるわけで、生活に張り合いがないんですんよね。

そして気づくと30代。

「あれ、仕事以外に俺ってなにしていたんだっけ…」

と、ここ最近思うようになりました(振り返ると結構悲しい)

でも、自分の熱中できること、好きなことがあれば、素直に「趣味に打ち込んでいました」「○○に時間を使っていました」と自信を持って言えるはずです。

ホシノ
僕の場合、熱中できることがなかったので、本当に20代の頃の記憶があやふやです
ホシノ
「時間が経つのが早かった」とより「そもそも時間なんてなかった」という感じでしょうか

趣味でもいいし、ギャンブルでもいい。

何でもいいから、とにかく時間を忘れるほど、熱中できることを見つけろ、と過去の僕に言いたいです。

後悔5.早めに転職しなかったこと

就職した時に僕がよく聞いたセリフは

  • 新卒は3年経たないと転職できない

ということでした

でも、はじめの就職先が自分に合わない、ブラックすぎる、上司と仲が悪い。

そんな職場だったら、この3年間は本当にもったいないと思います。

  • 自分は職場のために生きているの?
  • 自分自分を大切にできなくて、誰が自分を大切にできるの?

と、強く言いたいです。

僕の以前の上司は、昭和のサラリーマンにいそうなパワハラ上司で、50~100人職員がいる前でも怒鳴り散らすという上司でした。

そんな職場で僕は4年間努めていたのですが、もっと早めに辞めておけば…と後悔が残ります

「自分もいつかみんなの前で怒られるのではないか?」

「影で自分のことを言われていないだろうか?」

そんな周りの目線と、先輩・上司の圧力により、心もかなり摩耗していました。

やはり気持ちが擦り減った状態では、満足のいくリハビリなんて出来ません。

でも、新人だろうと、1年目であろうと、セラピストが転職するのはそんなに難しくない。

なにより新人のうちから、仕事を辞める人は結構多いです。

たとえば、理学療法士の16.5%は、新人時代に退職経験ありと答えています。

需要と供給のバランスを見てみると、まだまだセラピストの需要は高く、一般職の転職のように、苦労することは少ないです。

20代の頃の時間は貴重です。

30代、40代と比べると体力だってあるし、考え方もフレッシュです。

大切な20代の時間を職場に捧げるのは、後から後悔するだけ。

もし今の職場に不満があるなら、転職という選択肢も入れて、自分の「生活の質」を上げれないか考えてみましょう。

新人PTOTが失敗せずに理想の職場へ転職するコツ【方法論】

続きを見る

理学療法士を選んだことに後悔はある?ない?

一般職をしている友達から、たまに

リハビリの仕事を選択したことに、後悔はないの?

と、聞かれることがあります。

結論から言えば、理学療法士になったことに後悔はありません。

上記のように

「もっと勉強しておけば良かった」
「もっとプライベートも遊んでおけば良かった」

と思うことはあっても、理学療法士、リハビリの仕事を選択したことに悔いはないです。

というのも、それは2つの理由があります。

1つはやりがいですね。

やりがい?ありきたりだな~

と思われるかもしれないけど、やっぱり患者さんから、感謝された時は嬉しいです。

「ホシノ君のおかげで、無事退院することができました」

なんて言われると、心が飛び跳ねるくらい嬉しいです。その言葉だけで、一週間は楽しく仕事できる。

ホシノ
感謝をいきがいに、仕事をしているセラピストは多いですよね。それくらい患者さんからの言葉は、原動力だと思います
【やりがいとは】理学療法士になって良かったこと。PT7年目がリハビリの魅力を話す。

続きを見る

2つ目の理由は、安定性ですね。

「理学療法士の人数は増えているから将来危ない」
「今後、PTOTは飽和する未来がくる」

と言う人もいます。

しかし、現状ではまだまだ人手不足なのは否めませんし、転職もしやすいです。

2~3社の病院・施設の採用試験を受ければ、だいたい合格できる。

一般職のように30社、40社受けるわけではないので、やはり資格職は強いなと思います。

それに「今のペース」でセラピストが増え続ければ、需要と供給のバランスが崩れ、飽和する可能性があるということ。

PTが年間1万人増えるような、「今のペース」が今後も続くかどうかはわかりません。

ホシノ
一般企業であっても、10年後、20年後も、倒産せずにやっていけるかどうかは、誰にもわかりません

未来のことは、誰にもわからない。

でも現状は安定性があり、ライフスタイルに合わせて仕事を選べるのは、多職種にはない大きな強みだと思います。

結論:後から後悔しないために、今を変えていこう

理学療法士になって7年が経ち、いろいろな後悔をしてきました。

でも10年目、20年目になってから、過去を振り返ると、また後悔しているかもしれない。

そんな気持ちにはなりたくないため、反省を込めて今回、記事にまとめてみました。

仕事や生活、プライベートなど、最近僕が意識していることは

  • 今の時間を「全力で過ごすこと」

ということ。

そして

  • 変化できそうなところは、なるべく変えていく

を意識しています。

興味があるスポーツがあれば、なるべく挑戦するようにしていて、気になる人がいたら積極的に話しかけるようにしています

それに今の働き方や、仕事の環境も、ほんのすこし勇気を出せば変えることができます。

過去の失敗、後悔を、「周囲の環境」のせいにするのではなく、自分の力で環境を変えていきましょう。

病院選びを失敗したくないなら

「次に働く場所は、人間関係が良くて、楽しくリハビリできるところがいいな」
「サービス残業はなくて、プライベートをもっと充実させたい!」
と考えるなら、大手の転職サポートサービスをオススメします。

なぜならハローワークや求人誌、有名ではない転職サイトだと、圧倒的に求人情報の量で劣るからです。
くわえて職場の裏側の情報にも詳しいサポーターもいるので、ブラック病院を回避できる可能性が高いです。

こちらのわかがまな条件を通しやすくて、給与交渉もしてくれるので、「自分の意見を強く言うのが苦手…」という方は活用しましょう。

それに転職にした方の成功談、失敗談も事前にわかります。

「転職したけど後悔した…」

と失敗しないように、職場探しは情報を集めることがなにより大切です。

※一般には公開されていないクローズドの求人もあります。複数のサービスに登録すると、選択肢が広がります。

-新人セラピスト

© 2020 Reha TIps -リハティップス-