学生向け/実習 新人セラピスト

【やりがい】急性期リハビリで働いてつらかったこと、楽しかったこと【リハビリ】

この記事はこんな人に向けて書いています。


急性期のリハビリに興味があるんだけど、なんか怖い…。大変なことや、楽しいことって、どんなことだろう?

「急性期リハ」と聞くと、「怖い」「難しそう」と言う人は少なくありません。

たしかに急性期=ルートが多い、急変しそう、といったネガティブなイメージを連想しやすいですよね。

とはいえ、急性期リハビリの魅力は、たくさんあります。

今回は、総合病院の急性期で働いていた筆者の意見をご紹介します。

この記事でわかること

  • 急性期リハビリのやりがい
  • 急性期リハビリのつらいこと
  • 急性期リハビリの楽しいこと

参考までに、僕は総合病院(急性期300床、回復期200床)で、約4年間働いてました。

主に脳血管疾患や整形外科の術後を担当することがありましたが、「呼吸療法認定士」を取ってからは、呼吸ケアチーム(RST)としては働くこともありました。

呼吸内科の先生や、麻酔科のドクターと近い距離で、一緒に働けたのは、本当に貴重な経験。

そんな急性期で働いていて、大変なこともたくさんありました。

でも、楽しいことはその倍以上あると思います。

「急性期に興味はあるけど、なんか怖い…」

と感じている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

急性期リハビリの「怖さ」と「難しさ」

まず最初に「急性期リハビリで大変なこと、難しいこと」を紹介していきます!

僕の独断や偏見も交じってしまいますが、急性期リハビリって難しいな~と感じた点は、以下の4点。

  1. 術後の離床は怖い
  2. ルート類が多い
  3. 防げない能力の低下
  4. 情報共有の難しさ

それぞれ簡単に解説していきます。

難しさ1.術後の離床は怖い

脳外科や心臓外科の患者さんで、術後初めて離床をするのは、理学療法士やリハビリの仕事です。

中にはICU、HCU、CCUといったハイリスクの患者さんたちがいる部屋で、リハビリを進めます。

初めてICUに入ると、

「うっわ…モニターだらけで、よくわかんない数字が並んでいる…」

と思って、足がガクブルしたことも。

ホシノ
新人時代や1年目は、見慣れないモニターと数字で、あたふたしていました 汗

そんな中で術後1日目、状態が不安定な患者さんを離床(起き上がりや座位)していきます。

「離床したら血圧下がるのでは?」
「急変したらどうしよう…」
「術創部が開かないかな」

こんな不安も付きまとうので、やっぱり初回の離床は怖いし、緊張します。

ただし、ハイリスクで、離床自体が難しい患者さんだと、リハビリスタッフ2~3人で協力したり、看護師やドクターの先生と一緒に離床を進めていきます。

ホシノ
自分一人では難しい患者さんの離床やルート管理を、他の人と協力していく、という楽しさがあります

2.ルート類が多い

上記の初回離床とも関連しますが、術後の患者さんってルート類がめちゃ多いんですよ。

心臓外科だったら、胸部のドレーンから、Aライン、末梢ルート、バルーンまでさまざまなルートに繋がっています。

比較的、ルート類の少ない整形外科の患者さんでも、やっぱり術創部からドレーン(JVACなど)があることも多いです。

ホシノ
術後初回の介入は、どこにドレーンがあるのか、ルートがどこに繋がっているのか、という評価はとても大切

ルート類の管理や把握だけで、10分、20分かかることも。

時には、ルート管理を一人で対応しきれず、2~3人で注意しながらリハビリをすることもあります。

一人で介入してこそ、一人前のセラピストなんじゃない?

という人もいますが、自分一人で介入するのはリスキーです。

たとえばAラインや、ドレーンを抜いたら大惨事になりかねません。場合によっては、普通に患者さん亡くなります。

急性期に慣れていない方や、新人さんは、はじめは自分+急性期経験者のベテランの2人で行うことが多いのではないでしょうか。

時には3~4人のリハスタッフ+看護師+主治医合わせて、5人、6人でリハを進めることがあります。

リスクがあるとはいえ、

  • 1つのチーム

としてリハビリを行い、無事終えることができた時は達成感も違いますよ!

ホシノ
過去に、心臓外科の術後の患者さん(人工呼吸器管理)で、PT4人+看護師1人+ドクター2人+麻酔科医1の計8人がかりで、リハをしたこともありました

3.防げない能力の低下

血液データもよくなく、状態の悪い患者さんのリハビリを行うことがあります。

みるみるうちにやせ細り、顔色も悪い。

特に高齢者に多くて、能力の低下を目の当たりにすることもあります。

最初は歩けていたのに、次第に歩行も困難。

起き上がりも介助が必要となり、さらにはベッド上寝たきり。

このように身体機能の低下を目の前にすると

  • リハビリでできることって何だろう?

としみじみと感じることがあります。

4.情報共有の難しさ

急性期はとにかく連携が重要です!!

たぶん病院職全般に言えますが、情報共有はめっちゃ大切です。

急性期では、

  • ドクターへ安静度の確認
  • 看護師さんに、患者さんの病棟生活の状況確認

と、他の職種との情報共有が必須になります。

*安静度 リハビリを行う範囲のこと。「ベッド上」「病棟内」「病院内」など指示をもらって、リハをします。

しかし先生によっては、なぜか情報共有を面倒くさがる先生もいます…。

「ごめん!また後にしてくれない?」

と言われたり、遠まわしに逃げられることもしばしば。

看護師さんに状態確認をすると

「私、担当じゃないからわかんなーい」

と一蹴されて、共有を拒まれることもあります 泣

急性期リハビリの「楽しさ」と「魅力」

ここまで急性期の難しさを紹介してきました。

でも急性期は学べることも多いし、楽しいこともたくさんあります。

なにより「やりがい」が詰まっています…!

僕が「急性期で働いていて良かったな~」と思ったことは、下記の6点。

  1. 患者さんの変化のスピードが速い
  2. 検査所見をフルに活用する楽しさ
  3. 他の部署と仲良くなりやすい
  4. リハのフィードバックが早い
  5. 患者さんの回転率が速い
  6. 自分の限界を知れる

それぞれ詳しく解説していきます!

楽しさ1.患者さんの変化のスピードが速い

とにかく患者さんの変化が速いです!その速さは、5G以上。

たとえば大腿骨頚部骨折の手術をして

「痛い!歩けない!」
「リハビリなんてしたくない!」

と嫌々言っていた患者さんが、1週間後にはスタスタ歩いていて、2週間後には笑顔で退院する、ということはザラにあります。

目の前の患者さんが、みるみるうちに良くになっていくので、とても楽しいです。

ホシノ
日ごとに状態が変わっていくため、この変化の速さについていくことが、はじめは大変

楽しさ2.検査所見をフルに活用する楽しさ

リハビリの評価としては、MMTやROM、歩行の評価やバランス評価、高次脳評価などがあります。

しかし急性期では、リハの評価だけではなく、

  • 栄養データ
  • 血液ガス
  • CTやMRIの画像データ

などの検査所見をフルに使います。

普段生活している病棟での様子を看護師さんから聞くことも、大切な評価ポイント。

  • リハビリの評価

だけでは限界を感じることも結構多いです。

そのため、いろいろ所見を使いながら、職種と連携する必要があります。

時には

「この患者さんアルブミン低いし、リハビリもっと軽めにやったほうがいいかも」

と看護師さんから一声かけられることも。

ホシノ
血液データが何を表しているのか、ということも勉強しなければいけないので、勉強量も多いかもしれない
ホシノ
でも、わかるようになってくると、看護師さんやドクターとも情報共有しやすくなって、何よりリハが楽しくなります

楽しさ3.他の部署と仲良くなりやすい

看護師さんから薬剤師、栄養士から主治医のドクターと、いろいろな職種と連携するのが、急性期です。

そのため他の部署からも、顔や名前を憶えてもらいやすく、仲良くなりやすいです。

僕が新人の時は、

  • まず看護師さんの顔と名前を覚えるのが、一年目の目標ね

と先輩から言われました  笑

僕の友達では、看護師さんと付き合っているOTの友人もいえば、研修医と結婚したSTもいます。

それくらい多職種と密な関係になりやすいのが、急性期です。

でも、無理して仲良くしなくてもよくない?

と思われるかもしれませんが、やはり多職種と仲良くなったほうが、情報共有もしやすいです。

患者さんの生活状況を教えてもらいやすいし、些細な変化があった時にも、一声かけてもらいやすい。

ホシノ
看護師さんの飲み会に誘われることもあって、毎回緊張しながら参加していました

楽しさ4.リハのフィードバックが早い

患者さんの変化のスピードが速いことは、上記の通り。

「変化しやすい」ということは、リハビリにも当てはまります。

たとえば歩行中にすり足があって、転倒リスクのある患者さん。

この方にアプローチした時に、リハビリの介入前後で、歩容が大きく変わっていることはよくあります。

他にもリハを行う前後で、座位や起き上がりの介助量が変わるというのは、リハビリあるあるです。

反対に言えば、「変化がなかった」「特に変わらなかった」という時には

  • 他に問題点があるのでは?
  • 負荷量が足りていないのでは?
  • 別のアプローチの仕方が良いのでは?

とあれこれ試行錯誤します。

この思考が、急性期リハビリの楽しさでもあると思います。

楽しさ5.患者さんの回転率が速い

回復期や維持期でのリハビリと比べて、圧倒的に患者さんの回転率が早いです。

入院してきて

「うわ…血液データ悪いし、時間かかりそう…」

と思っていたら、2週間ほどで退院してしまうこともしばしば。

中には3~4日の短い入院期間でリハビリをすることもあります。

患者さんの回転率が早い分、短期間でいろいろな患者さんを担当します。

聞いたこともない疾患の患者さんとも出会うため、知識量も増えました。

なにより短期間でいろいろな患者さんと話すので、嫌でもコミュにケーション能力は上がります

ホシノ
僕はもともと人見知りするタイプでしたが、急性期に来てからは、一気に改善しました。

あと、いろいろな患者さんと出会う分、貴重な話を頂けることも多いです。

  • 元官僚で、リハビリの制度、法律にも関わった患者さん
  • 学校の校長先生をやっていて、生徒指導に全力をかけた患者さん
  • 外資系の仕事で、世界中を飛び回り、5カ国語話せる患者さん

など普段関わることができない方から、自分が経験もできないような話を聞けた時は

  • リハビリやっていて良かったな~

と素直に思います。

ホシノ
「人と話すのが苦手」と言ってられないくらい、いろいろな患者さんと関わります。それが急性期です!

楽しさ6.自分の限界を知れる

ハイリスクの患者さんや、介助量が重たい患者さん。

状態が悪くて、なかなか思うようにリハビリが進められない患者さんもいます。

そんな時に「理学療法」「作業療法」「リハビリ」の限界を感じることがあります。

だからこそ、先輩や後輩、同期のスタッフと相談したり、時には看護師さんと話しあうこともあります。

ドクター交えて、カンファレンスで話し合うことも多く、

  • チーム医療の大切さ、重要さ

を学ぶことができます。

リハビリは1対1で行うため、プレッシャーや責任感も1人で抱えがち。

でもリハビリには限界があり、チームで協力しながら、治療を進めることが大切です。

ホシノ
「チーム医療の大切さと難しさ」を急性期で知れたのは、本当に良かったと思います

急性期のやりがいは「責任感」と「連携」

急性期リハビリの大変さ、楽しさをまとめました。

それで急性期リハビリのやりがいってなんなの?

と気かれたら、「責任感」と「連携」だと思います。

責任感は、言葉通りでセラピストとしての責任ですね。

状態が不安定な患者さんは、リハビリ次第で良くも悪くもなります。

時には慎重にゆっくり進めて、時には大きく行動して、リハビリのアプローチ次第で、患者さんへ大きな影響を与えることがあります。

でも責任とか持てないし、やっぱり怖い…

と思うかもしれません。

だからこそ、「連携」が大切で、わからない時は先輩や同期スタッフと相談します。

看護師さんにもリハビリの状況を伝えて

「こんなリハビリやってみたら?」

と助言をもらうこともあります。

時には、主治医の先生が見守りのもと、リハビリを行うこともあります。

「連携」はとても大変。

だけど「チーム医療」にはなくてはならないものだし、一度急性期で学んでしまえば、回復期や維持期、どの分野に行っても、役に立ちます。

慢性期分野(たとえば訪問リハビリ)でも、ケアマネとの連携が必要になりますし、「自分1人」では、やはり限界があります。

急性期分野はたしかに大変ですが、学びが多い分野ではあることは、間違いありません。

まとめ:急性期分野は面白さの宝庫

個人的には、理学療法士、作業療法士であれば、一度は急性期を経験しても良いと思います。

それくらい面白い分野ですし、自分自信を成長させてくれる医療分野です。

1年目だろうと、10年目だろうと、学べることが多い。それが急性期です。

今の病院を辞めて、次のところ探しているけど、どんな職場がいいんだろう

と悩んでいるなら、急性期という選択肢も考えてみてはどうでしょうか。

ただし病院選びは注意してくださいね。

職場によっては、風通しの悪い職場もあり、多職種はおろか同じリハビリ科内で、バチバチしている病院もあります…。

スタッフ同士の仲が悪いと、質の高いチーム医療も提供できません。

何より人間関係で苦労してしまうので、職場選びには注意が必要です。

興味がある方は、ぜひ積極的に急性期分野にチャレンジしてみましょう(^^)!

病院選びを失敗したくないなら

「次に働く場所は、人間関係が良くて、楽しくリハビリできるところがいいな」
「サービス残業はなくて、プライベートをもっと充実させたい!」
と考えるなら、大手の転職サポートサービスをオススメします。

なぜならハローワークや求人誌、有名ではない転職サイトだと、圧倒的に求人情報の量で劣るからです。
くわえて職場の裏側の情報にも詳しいサポーターもいるので、ブラック病院を回避できる可能性が高いです。

こちらのわかがまな条件を通しやすくて、給与交渉もしてくれるので、「自分の意見を強く言うのが苦手…」という方は活用しましょう。

それに転職にした方の成功談、失敗談も事前にわかります。

「転職したけど後悔した…」

と失敗しないように、職場探しは情報を集めることがなにより大切です。

※一般には公開されていないクローズドの求人もあります。複数のサービスに登録すると、選択肢が広がります。

-学生向け/実習, 新人セラピスト

© 2020 Reha TIps -リハティップス-