リハビリ 医療系コラム

理学療法士や作業療法士が年収500万を稼ぐために堅実な2つの方法

ヒヨコくん
僕の年収、400万にもいかないんだけど、将来的には500万くらいもらいたいなー
センセー
でもおまえさん、このままぼーっと過ごしているだけじゃ、いくら経っても年収500万は達成できないぞい
ヒヨコくん
え?そうなの?僕の年収、一生このままなの?

理学療法士や作業療法士、リハビリ業界では「給料」についてよく議論されることがあります。

・初任給は悪くない
・昇給額が低く、1000円程度しか昇給しないこともある
・年収が300~400万ならそこから年収アップは期待できない
・リハビリ職は人口過多のため、将来的に飽和する可能性がある

こんな暗いニュースを聞く人も多いでしょう。

せっかくPTやOT、STになったのに、

「俺の将来どうなっちゃんだろう…」
「子供も欲しいけど、お金がないと大変だろうな…」

と悩む人も少なくありません。

でも大丈夫です。

リハビリ職でも年収500万を達成することは十分可能であり、上手くいけば、600万、700万と上を目指すこともできます。

この記事でわかること

・PT、OT、STが年収500万を達成するための最短ルート
・なぜ年収の低さに悩むセラピストが多いのか
・一般のサラリーマンと比べて、リハビリ職がとるべき戦略

年収500万であれば、月の給料は30~35万ほど。これだけ貰えれば、だいぶ生活にゆとりが持てるでしょう。

しかし現状を嘆くだけでは、なにも変わりません。

あなたの職場や病院は、あなたをお世話してくれるわけではないのです。

重要なのは、今の生活を変えようと思う気持ちと行動ですよ。

ヒヨコくん
お金がないと将来、結婚とかマイホームとか買えるか不安になっちゃうよね
センセー
(…おまえさんは、結婚できるかどうかの心配をしたほうがいいぞい)

理学療法士や作業療法士が年収500万を稼ぐために堅実な2つの方法

もしあなたが、年収300~400万円台で悩んでいるなら、どうすれば良いか。

結論から言えば、年収500万をつかむためには、

・転職もしくは副業

がPT、OTができる最短ルートになります。

転職は年収を上げる方法の1つです。事務や営業などの一般職も含めて、転職を重ねて年収をどんどん上げている人もいるほど。

リハビリ業界では、1回の転職では50~100万ほど年収を上げれるケースも珍しくありません。

「新しい職場で働くのが不安…」
「人間関係をまたイチから作り直すのに、抵抗がある…」

と悩む人も多いですが、それさえ我慢できれば転職は最も手軽な方法でしょう。

ヒヨコくん
そういえばPTって体育会系の人が多いから、パワハラに悩む人って多いよね~
センセー
面倒な人間関係や職場の悩むも、すべて水に流してくれるメリットが、転職にはあるぞい

続いて副業です。

最近では「働き方改革」が進められ、副業OKの職場が増えています。

特に個人が運営しているような訪問看護ステーションでは、「副業OK」の求人を見かけることが多いです。

もともと副業に寛容な医療業界ですが、大々的に副業が許されれば、こっそりバイトをする必要もありません。精神衛生的にも良いです。

ヒヨコくん
転職も副業も良さそうだね
センセー
そうじゃな。だけど、やみくもに転職や副業をするだけじゃ、年収アップは難しいんじゃ
センセー
どちらも「戦略」と「コツ」があるのじゃ。詳しく説明していくぞい

【年収500万】理学療法士や作業療法士が「転職」を成功させるコツ

年収アップが期待できる分野は、大きく2つあります

・訪問分野
・公立病院

の2つです。

訪問リハビリなどの「訪問分野」はインセンティブが期待できます。

インセンティブは簡単に言えば、歩合制度のこと。

たとえば「基本給は30万円、月80件以上の訪問で、1件1500円のインセンティブを出します」と決めている場合、給与体系は以下の通り。

給与体系の例

・基本給は30万円
・1か月100件訪問した場合、20件×1500円=30000円のインセンティブが別途支給
・合計33万の給料

となり、セラピストの頑張りに応じて、給料アップが期待です。

ヒヨコくん
インセンティブが高いステーションだと、どれくらい貰えるの?
センセー
職場によっては、月70件以上で1件3000円とかじゃ。
センセー
ただし、高額なインセンティブ制度を導入しているところは、ボーナスがなかったり、寸志程度しか貰えないこともあるから、注意が必要じゃ

続いて公立病院です。

市立病院や県立病院のような「公立病院」は、公務員扱いであり

・昇給のしやすさ
・福利厚生度の充実
・社会的な安定さ
・残業代や外部研修費の支給

があるとして、昔から人気の高い職場の1つです。

また公務員は「1級2級3級4級」といった「級」と、「1号2号3号4号」といった「号」によって、給料が変化します。

上記は国立健康長寿医療センターが公開している基本給表になります。

ヒヨコくん
具体的に1年間でどれくらい昇給するの?
センセー
目安としては1年間で5000~8000円くらいじゃな。
ヒヨコくん
5000円!?高すぎない!?

私立病院では、1000~2000円しか昇給しないところもあるほど。人によっては、「500円しか昇給しなかった」という人もいるでしょう。

そんなリハビリ業界ですが、年間5000円の昇給が期待できるというのは、非常に魅力的ですね。

公立病院に転職した場合、一時的に給料が下がることがあります。

しかし長く働くことによって、年収500万に到達することは十分可能です。

注意点として、500万以上の年収に到達するには、40~50歳以降であることが多いため、長く働く「忍耐力」が必要です。

ヒヨコくん
私立病院だと、やっぱり年収500万は難しいのかな?
センセー
クリニックや私立病院の場合「科長」や「リハビリ室長」のようなポストを狙う方法もあるんじゃ
センセー
だけど科長や管理者は1人のみ。臨床経験も必要のため、狭き門じゃな
ヒヨコくん
PTやOTの多い職場だとポスト狙いは、難しいかもね…

【年収500万】理学療法士や作業療法士が「副業」を成功させるコツ

続いて副業で稼ぐためのコツです。

PT、OTの副業と言えば、「休日のバイト」が定番です。

本職がシフト制で平日休みの場合は、訪問リハビリやクリニックでバイトするPT、OTは昔から大勢いました。

特に訪問リハビリは、1件(60分)5000円という好待遇のバイトもあるほど。

5件回れば、1日25000円です。週1でやっても月10万ほどバイトで稼ぐことができるので、副業として人気があります。

センセー
実際には1日5件任されても、40分の利用者さんを振られることも多いんじゃ
ヒヨコくん
60分の利用者さんばかり担当になるわけじゃないんだね!
センセー
40分のリハだと「3000円」超えれば給与は高いほうじゃのう

スキルや知識があれば、「自分でセミナーを開く」という手段もありますが、一般的ではありません。

なにより圧倒的な勉強量が必要であるため、新人セラピストにとってはハードルが高いでしょう。

ヒヨコくん
最近であれば、「Youtuber」が副業として人気があるよね
センセー
全員が稼げるわけもなく、個人のセンスや、継続的な努力も必要だから、堅実に稼ぐにはバイトが一番じゃのう

なぜ年収500万以上稼ぐことがPTやOTは難しい?

ヒヨコくん
そもそもなんで、年収300~400万っていう薄級に悩むセラピストが多いの?
センセー
それはリハビリ職が「単位」に縛られているからじゃ

診療報酬や算定の関係上、理学療法士、作業療法士の20分あたりの売上金額が決まってます。

たとえば「脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)」の場合、1単位(20分)で245点です。

つまり20分で2450円になります。

どんなに良い働きをして患者が良くなっても、保険の制度上、20分~60分あたりの売り上げは固定料金。

これがリハビリ業界の昇給が低く、年収が厳しい原因になります。

1単位の点数(売り上げ)を上げるためには、制度そのものを変える必要があります。

しかしこれから高齢化社会が進むと考えられている状況を考えると、今後リハビリの売り上げが今よりも減る可能性は高いです。

センセー
訪問分野だと、PT、OTがよく算定する「訪看Ⅰ5」は1単位(20分)296点なんじゃ。脳血Ⅰは245点だぞい
ヒヨコくん
病院と訪問を比べると、訪問のほうが点数も高く、売り上げが上がりやいんだね
センセー
訪問リハビリ(介護保険分野)は「1週間に108単位以上算定することができない」という医療保険の縛りがないから、セラピストの頑張りに応じて還元してくれるところが多いのも魅力じゃ

平均的サラリーマンと比べても年収500万はPTOTにとって厳しい

ヒヨコくん
でも理学療法士や作業療法士だって、長く働いていれば年収500万くらい頑張ればいくでしょ?
センセー
それが将来的にはますます厳しくなる可能性が高いんじゃ

リハビリ職は「診療報酬」や「算定単位」によって売り上げが決められている以上、売り上げに限界があります。

そのため

「年齢が増す」
「仕事ができる」
「スキルを身につける」

がイコール「年収が増える」ということにはなりません。

ここで近年の理学療法士、作業療法士の年収の推移を確認しましょう。

(参考:平成30年職種別民間給与実態調査より)

年齢に応じて年収が上がっていることがわかります。

ヒヨコくん
やっぱり年齢に応じて年収上がっているじゃん!
センセー
そう思うじゃろ?
センセー
だけど、40~60代のセラピストの人口は圧倒的に少ない。つまり役職について手当てをもらい、年収を上げているケースが多いんじゃ

平均的なサラリーマンと比べても、年収の伸び率は歴然であり、35歳以降には年収500万を超える男性は大多数となります。

(参考: 国税庁:平成30年分民間給料実態統計調査より)

一般職、コメディカル職以外の職業では「係長」「課長」「課長補佐」「部長」といったようにポストの数も多く、役職ももらいやすいです。

くわえて年功序列の会社も多くあり、勤続年数の長さ=昇給アップ繋がる、という会社も少なくありません。

ヒヨコくん
それじゃあリハビリ職って思ったより年収は上がらないんだね…
センセー
それにセラピストは急増傾向で、診療報酬もリハビリに対して風当たりが強いのう
ヒヨコくん
営業職なんかは自分の力量が、給料にでやすいけど、リハビリはいくら患者さんをよくしても、給料には反映されないよね
センセー
一般職の強みは自分の仕事量に応じて売り上げが変化しやすいことじゃのう

結論:理学療法士や作業療法士が年収500万目指すなら転職すべき

ヒヨコくん
やっぱりリハビリ職で年収500万目指すのは難しいんだね
センセー
「長く勤めていれば自然と500万くらいになるだろう」なんて考えていては、一生不可能じゃ
センセー
「セラピストの急増」「高齢化社会による医療費の圧迫」「診療報酬の改定」で、のんびり考えているリハビリ職は本当に危険なのじゃ
ヒヨコくん
いつまでも楽観的に考えていると、マイホーム買ったり、子育ても大変になっちゃうかもね…
センセー
だけど「転職」か「副業」にチャレンジすればそれほど難しくない
センセー
一発逆転で、生活を大きく変える可能性があるのは「転職」じゃのう

「給料が低い」「リハビリの単価が安い」というのは、病院勤めのセラピストに多いですが、リハビリ業界全体でみれば、まだまだ希望はあります。

たとえば「訪問リハビリ」であれば年収500万以上は珍しくありません。求人によっては年収600万と高額の給与体系を設定しているところもあるほど。

しかし施設や病院でも、ある程度の高額求人を探すことは可能です。

求人によっては「年収400~600万可能」と幅を持たせて設定しているところがあります。

その場合、給与交渉が必要なのですが、「お金の話」は希望通りに伝えづらいことも多いです。

ヒヨコくん
ストレートに「給料上げて!」なんて言いづらいよね…。どうすればいいのかな?
センセー
お手軽なのは転職サービスを使うことじゃ

転職サービスはあなたの代わりに求人を探したり、履歴書の作成、面接のサポートをしてくれるサービスになります。

そしてあなたが伝えにくい給与の交渉も代わりに行ってくれるので、とても心強いです。

また転職サービスは、転職支援のプロ。非公開の求人も抱えているので、高額給与の求人も見つかりやすいです。

ヒヨコくん
転職サービスって便利そうだね
センセー
本当に便利な世の中になったわい。しかも無料で使えて、バイト求人も探せるから、奇跡レベルだぞい
ヒヨコくん
センセーが若いころの時は、どうやって転職していたの?
センセー
ワシが若い頃は、羽広げて空飛びながら、1社ずつお願いしていたもんじゃ
ヒヨコくん
空飛べるの?やっぱりセンセーはすごいよー!

オススメの転職サイトは、PT/OT人材バンクです。

PT/OT人材バンクは転職・就職業界の最大手の1つである、SMSキャリアが運営しています。

一般職の求人サイトとは違い、医療関係に特化した転職サイトであるため、求人数はピカイチです。

常に1万件を超える求人数を抱えているだけではなく、求人サイトには載っていないレア求人もありますよ。

たとえば「年収500万円以上の高収入求人」や「年間休日が130日以上あり長期休暇が取れやすい求人」などがあります。

収入が高いと家計にもラクですし、自分にもご褒美ができます。

7~10日といった長期休暇がとれると、ためらうことなく旅行に行くこともできますよ。

求人サイトや情報誌などを見て、

なんかピンとこないんだよね…希望している求人がなかなか見つからないんだよな~

と一度でも経験したことがある人には、オススメですよ。

しかし転職を行う上で、注意点が1つあります。

それはブラック病院、ブラック施設です。

仕事終わりは17時って聞いてたけど、資料作りにミーティングに、毎日24時まで職場にいる…
寮完備でボーナスが出るって聞いていたけど、聞いていた話と全然違う…

そんなブラック病院やブラック施設は避けなければなりません。

PT/OT人材バンクでは、キャリアドバイサーが事前に求人情報を審査、チェックしています。

そのためブラック求人にひっかかる心配もありません!

また転職活動はいざしてみると、時間のなさ、面倒さ、履歴書や面接の準備などで、モチベーションが保てないことが非常に多いです。

転職活動もうやめようかな…
どこの職場もそんな変わらないし、もうこの求人にしようかな…

と、つい転職そのものに妥協をしてしまうことも。

せっかく今の職場より、良い待遇で働けるチャンスがあるのに、妥協してはもったいないです。

PT/OT人材バンクでは、担当のアドバイザーがつき、あなたの求人の希望はもちろん、転職に関する悩み相談できますよ。

特にPT/OT人材バンクの情報収集能力というのはコメディカル業界トップです。

というのも希望の求人があれば、アドバイザーを通して内部事情まで教えてくれるからです。

別の求人サイトを見て、○○病院が気になっているんですけど…
以前、○○病院に勤めていた方が、私たちのサービスを利用したことがありまして…。
実は○○病院は、上層部の管理体制がいい加減なので、上司の気分に振り回される現場は大変みたいです。ですので○○病院はオススメはしませんよ

というように、表に出てこないような裏話を教えてくれることも多いです。

ちなみにサイトの登録はもちろんのこと、キャリアドバイザーの利用、転職活動の支援など全て無料です。

転職業界の大手だからこそできるサービスなのです。

PT/OT人材バンクの登録方法について

登録する場合、公式サイトより「登録フォーム」を記入します。(登録は1分で終わります。)

①はじめに、所有資格(PT、OT、ST)を選択し、「希望の職種」「常勤か、非常勤か」を選択します。

②続いて「現在の状況」「希望転職時期」を記入します。就職希望時期は、大雑把でも大丈夫です。

③次に「名前」「生まれた年」を入力後に、「住所」等を記入します。

④最後に、「携帯番号」「メールアドレス」などを入力して、登録は終わりです。

スマホを使って入力すれば、1分程度で登録は完了します。

登録完了後は、担当者より電話、あるいはメールで連絡があり、具体的な希望求人のヒアリングがあります。

PT/OT人材バンクのキャリアアドバイザーの情報収集の力はとても頼りになるので、希望している条件をきちんと伝えましょう。

「職場は病院で、年収を100万上げたい」

「クリニックで、年間休日数が130日欲しい」

「在宅なんだけど、風通しがいい職場で働きたい」

というように、無茶な要求でも伝えましょう。あなたの代わりにアドバイザーが、徹底的に求人を探してくれますよ。

ぜひPT/OT人材バンクを利用して、今よりワンランク高い生活を手に入れましょう。

-リハビリ, 医療系コラム

© 2020 Reha TIps -リハティップス-