新人セラピスト

昔の自分に言いたい!新人PTOTが心がけておくべき3つのこと【リハビリ職】

この記事はこんな人に向けて書いています。


理学療法士になったけど、私ってこの仕事向いていないのかな…?いつも先輩に怒られてばかりで、しんどい…

いきなりですが、セラピストになったばかりの1年目ってとにかくしんどいですよね。

「疾患のことがよくわからない」

「治療プログラムが合っているかどうかわからない」

「看護師や多職種と上手く連携できない」

などなど、仕事の悩みは絶えません。

今でこそ、後輩の指導係を担当することが増えましたが、僕も1~2年目の頃は失敗ばかりしていました。

そんな時に先輩や上司に怒られて、「俺ってダメなのかな」と思うことも何度もありました。

とはいえ、新人さんに失敗はつきもの。

つらいことがあっても、1ミリも自分を責める必要はありません!

この記事でわかること

  • 新人さんが心がけておくべきこと
  • 新人時代に経験する苦難と対策

今だから言えますが、「そんなに悩まなくてもOK!」と新人さんには強く言いたいです。

ただし、「理学療法士」「作業療法士」といった責任やプレッシャーを感じて、自分で自分の首を絞めてしまう人は少なくありません。

そんな新人さんに、ぜひ知ってほしい心構えを今回紹介します。

「リハビリの仕事がもうつらい…」

と感じたら、まずは深呼吸。

そして新人さんが感じるつらさをまず知って、気持ちを切り替えていきましょう。

新人理学療法士が抱えやすい悩みとは。

新人さんから相談を受けていると、どの悩みも似たり寄ったりしてもの。

つまり「自分が悩んでいること」は、他の人も悩んで苦しんでいることが多いです。

まずは新人時代に抱えやすいしんどさを把握しましょう。

大きく3つの悩みがあると感じています。

悩み1.わからないことが多すぎる

疾患の基本的な知識はもちろんのこと

  • この検査はなぜするのか
  • どういった検査内容なのか
  • この人の問題点はなにか
  • 効果的なリハをするにはどうすればいいのか

とわからないことに、直面することはたくさんあります。

僕が新人の時に、特に悩んだことは

  • ADLの上げ方

でした。

「この人、トイレ歩行フリーで大丈夫かな?転倒リスクはゼロではないけど、短距離なら大丈夫かな…。でも転んだらどうしよう…」

と患者さんのADLを上げる時に、常に不安が付きまとっていました。

悩み2.出来ないことが多すぎる

理学療法士、作業療法士だからといって、新人さんはまだまだ出来ないことがたくさんあります。

評価だって不十分になることも多いし、先輩から「短期目標どう考えているの?」と突っ込まれて、答えられないこともあるかもしれません。

でも、最近まで学生だったんです。

出来ないことや抜けがあっても、仕方ありません!

ホシノ
僕は他職種との連携がわからずに苦労しました…
ホシノ
病棟での生活を看護師さんに確認すればいいのに、聞くタイミングがわからずに、時間がかかってしまうことも何度もありました

悩み3.落ち込みやすい、自信をなくしがち

先輩から怒られて、ささいなことで落ち込んだりすることは多いです。

そもそも学生の時って、誰かにキツいことを言われることって、あんまりないんですよね(実習は別ですが)

しかし、仕事を始めて社会の荒波へ。

右も左もわからずに、波に飲み込まながら仕事をしていると

俺って全然仕事できないな…

セラピスト向いていないかもしれない…

と悩むことは、よくあることです。

特に先輩や上司、人間関係の悩みはかなり多く、新人さんに限らず、誰しも1度は苦しみます。

中には体育会系のパワハラタイプな先輩もいるので、そんな先輩とは、関わり方に注意です。

PT7年目になって今だから言えること

続いて、PT7年目になって今だからこそ、言えることをお話します。

1.怒られても自分を責めすぎないで

インシデントを起こしてへこむこともあるでしょう。

歩行練習やトランスファーした時に、誤って点滴抜去して、怒られた人もいるかもしれません。

とはいえ、なにか失敗したからといって、自分を責めすぎるのは禁物。

そもそも新人PT、新人OTは、知識も少ないし、スキルだってありません。

「どんな時、どんなところに注意を払えばいいのか」

というような、学校では教えてくれない「セラピストの臨床力」もまだまだ不十分です。

だからこそ、技術不足で、移乗や背上げの介助で、自分の腰を痛めてしまう人が多いのではないでしょうか。

怒られることがあっても、「だって俺新人だし!」くらいの気持ちで、時には受け流すことは大切です。

ホシノ
「なんで失敗ばかりしちゃうんだろ」と自分を責めすぎのは禁物ですよ!

2.一番しんどいのはPTOT1年目!

上記でもお話したように、僕はPT7年目になります。

「今まで一番大変だった時期は?」と聞かれたら、ぶっちぎりで1年目です。

いや、たぶん、他のセラピストに「いつが大変でしたか?」と聞けば、1年目と答える人は多いはず。

国家試験に合格して、免許を得たからといって、すぐに職場で活躍できるようにはなりません。

わからないことに苦しみ、責任に押しつぶされ、プレッシャーにもがく。

そんな苦難の連続が1年目です。

でも、1年目をなんとか乗り越えられれば、あなたのセラピストとしての力は、グッと成長しているはず。

2年目から3年目、3年目から4年目の1年間より

  • 1年目の1年間

は圧倒的に成長するスピードが早く、吸収できる量も違います。

ホシノ
悩めば悩んだ分だけ、成長できると思います

3.つらい時は同期に相談しよう

一人で悩むことより、大変なことはありません。

時には同期とグチりあったり、「最近仕事しんどくてさ~w」と言うことはめちゃ大切です。

それに自分がつらい時、周りの同期も同じように悩んでいることはよくあること。

しんどい時こそ、周りに相談しましょう。

PTになって数年経ち、これまでに転職もしましたが、新人時代の同期とは今でも交流があります。

そんな同期は、良き仲間であり、今でも大切な相談相手です。

新人PTOTが心がけておくべき3つのこと

最後に、新人さんに特に意識してほしいことをご紹介します。

心がけ1.わからないことは、「わからない」と発信しよう

  • 担当患者の問題点
  • リハビリの進め方
  • 病気に関すること、検査のこと

なんでもいいですが、わからないことは、素直に「わからない」と発信しましょう。

わからないことを「わからない」と言えるのは、新人さんの特権です。

新人さんは出来なくて当たり前。

何度も言いますが、新人さんはわからなくても、仕方ないんです。

反対によくわからずリハを進めていて、問題が大ごとになった時に相談されると、先輩は困ってしまいます。

時には、取り返しのつかない問題に発展していることもあります。

たとえば、僕の職場では、TKAのクリティカルパスがあって「2週間で膝を120度、屈曲させること」を一つのゴールにしていました。

しかし、2週間経っても、膝が曲がらず、2週間経ってから「膝が曲がりません…」と相談されて困ったことがあります。

ホシノ
報告、連絡、相談が大切と言いますが、どれも早め早めの「報連相」はとても大切ですよ!

心がけ2.毎日すこしでいいから勉強しよう

一日ちょっとでいいので、勉強する習慣を身につけましょう。

人によっては、

「毎日10ページ教科書を読み進める!」
「毎日論文を1つ読む!」

と高い目標を持つ人がいますが、大切なことは続けることです。

挫折してしまっては、意味がありません。

教科書1ページでもいいんです。

友達との会話で、「こんなリハがあるんだ!」と発見があってそれを吸収してもいいです。

ほんのすこしでいいので、仕事で抱える「疑問点」を解消していきましょう。

新人時代で良くないのは、わからないことをそのまま放置しておくこと

後々になって、わからないことを一度に全て解決しようとすると、パンクしてしまうので、疑問をちょっとずつ解決することがコツです。

僕も新人時代には、先輩から、

「わからない単語があったら小まめに調べてね。『PCA』とか『AVR』とかの略語ってどういう意味なんだろ?って疑問を持ってね」

と何度も言われました。

略語の意味や、病気の概要なら、スマホでパパっと見つけらます。

ホシノ
一日5分10分の積み重ねが、一年後には大きな力になりますよ!

心がけ3.誰かと一緒に悩もう

自分で一人で悩んでいると、いつか絶対に病む時期があります。

仕事がつらい

モチベーションが保てない

リハビリが楽しくない

せっかくPTOTになったのに、こんな悩みを持ってしまうは、同じセラピストとしても悲しいです。

時には友達に相談したり、先輩に相談して、誰かと一緒に悩みましょう。

「上司の○○さん、言い方きついよねwもうすこし優しく言えないのかねw」

みたいに上司のグチを言っても良いと思います 笑

リハビリ業界に限らず、一人で悩みを抱えすぎて、一年年目で病んでしまう人、うつ病になってしまう人は、珍しいことではありません。

そんな時に「悩みを共有できる人」「一緒に頑張れる人」がいると、だいぶ気持ちに安心感があります。

同期やリハビリ科に限らず、他職種でも良いと思いますよ~!

ホシノ
僕はよく、同期の薬剤科の友達に悩みを相談していました
ホシノ
他のコメディカルから見ると、リハビリ科はたまに異常に見えるとか。新鮮な意見がもらえることも多いので、オススメです

まとめ:新人さんは「一人で頑張りすぎないこと」が大切

新人さんほど

「セラピストになったから、頑張らないと!」
「早く活躍できるように、もっと努力しなきゃ」

と責任感を感じる人が多いように感じます。

実際、僕も1年目の時は、常に責任感に追われていました

しかし、仕事との関わり方、接し方を誤ると、自分を追い詰めるだけになってしまいます。

そして仕事がつらく感じて、1年経つ頃にはリハビリが嫌いになっている…

そんな後輩も見てきました。

ずっと一人で悩んでいると、気持ちに余裕がなくなり、生活が荒れてしまうこともよくあります。

そうならないためにも、自分一人で解決するのは禁物。

時には誰かに助けてもらいながら、仕事と付き合っていくことが大切です。

新人時代は本当に大変なことの連続ですが、それを乗り越えられると、自分の成長を実感できます。

ぜひ同期や先輩に相談しながら、つらい新人時代を乗り越えましょう。

病院選びを失敗したくないなら

「次に働く場所は、人間関係が良くて、楽しくリハビリできるところがいいな」
「サービス残業はなくて、プライベートをもっと充実させたい!」
と考えるなら、大手の転職サポートサービスをオススメします。

なぜならハローワークや求人誌、有名ではない転職サイトだと、圧倒的に求人情報の量で劣るからです。
くわえて職場の裏側の情報にも詳しいサポーターもいるので、ブラック病院を回避できる可能性が高いです。

こちらのわかがまな条件を通しやすくて、給与交渉もしてくれるので、「自分の意見を強く言うのが苦手…」という方は活用しましょう。

それに転職にした方の成功談、失敗談も事前にわかります。

「転職したけど後悔した…」

と失敗しないように、職場探しは情報を集めることがなにより大切です。

※一般には公開されていないクローズドの求人もあります。複数のサービスに登録すると、選択肢が広がります。

-新人セラピスト

© 2020 Reha TIps -リハティップス-