転職活動に必要な知識やヒントを提供しています。

失敗しない転職活動ガイド

医療系コラム

理学療法士1年目だけどそろそろ限界!もう辞めたいよ…。

2018年4月8日

理学療法士に憧れてPTになったものの、「理想と現実が大きく違う!」 ということはよくあります。

サービス残業ばかりでしんどすぎる…

業務終わりに勉強会?もう帰りたい…

症例発表が怖い…先輩のあたりがきつい…

こんな悩みを誰しも抱えるでしょう。

理学療法士1年目はまさに苦行の1年間。

臨床実習の次にしんどい期間が、PT1年目ではないでしょうか。

とはいえ学生時代に、理学療法士の仕事に夢見ることは少なくありません。

私も高校生の時に、部活中のバスケで受傷。それで実際にリハビリを受けて、PTに憧れました。

当時は、理学療法士の仕事に対して

「なんかカッコいい!俺も人のために役に立ちたい!」
「資格職ってあると食いっぱぐれがなさそう!」

そんな期待を持っていました

医療系の4年生の大学を通い、地獄の8週間の実習を乗り越え、国試になんとか合格。

いざ臨床で働いてるみると、理想と現実の大きな違いにがっかりしました。

たとえば、

①給料の低さ
同じ医療職であるナースと比べてと低い給料。

②病院内での地位の低さ
→医者やナースと比べると「本当にPTって必要なのかな」というような、職場内のPTのポジション。

③一生続く勉強
→「患者さんのために」「利用者さんのために」と言われて、無限に続く勉強。

④無茶難題を言う職場の先輩
→すこしのミスでも執拗に怒る先輩PTとOT。

などなど実際に仕事をしてみると、リアルと夢のギャップの差を感じます。

特に私の場合は、

  1. 昇給額と給料の圧倒的な低さ
  2. 職場での人間関係
  3. 長時間なサービス残業

の3点がつらくて、1年目は辞めることしか考えていませんでした。

当時は約400床の総合病院に務めていましたが、1年半で退職。

しかし今振りかえると、退職はもっと早めに行うべきでした。

でも1年半で退職って早くない?

3年間は務めたほうがいいんじゃないの?

働いて半年で辞めたいけど、次の仕事が見つからなさそう…

と思っていませんか?

大丈夫です。

なぜなら世間で言われる「社会人の常識」は、医療業界では当てはまらないことがよくあるからです。

もしあなたが1年目で悩んでいて、なにも行動しないならずっと悩んでいるだけ。

職場の悩みを解決したいなら、まずは行動することが大切ですよ。

理学療法士1年目でつらくなったら仕事を早めにやめるべき理由。

新社会人になると、一度はこんな話を耳にします。

「社会人になったら、3年間は同じ職場に務めるべき」

という暗黙のルールがあります。

とはいえ理学療法士やコメディカル職に限っては、この3年間理論は通用しません。

理由1、職場で悩んでいるPTが良いリハは提供できない。

私がPT1年目で一番悩んだことは、「職場での人間関係」です。

比較的大きい病院に勤めていたこともあり、50人ほどリハビリスタッフが在籍していました。

時には、業務終わりに「教育指導」と称して、執拗までにネチネチ指導(?)する先輩に捕まえられることも…。

「今日、○○さんにやってた訓練なに?あれ意味あるの?」
「あの患者さん、本当に家帰れるの?評価したの?」
「いつまで経っても全然評価できないね、学生からやり直したら?」

と、ボロクソに言われることもしばしば。

メンタルが落ち続けたのは言うまでもなく、うつ病になるほど悩んでいた時期もありました。

というのも理学療法士の世界は、体育会系の人間が多いです

平気でパワハラやモラハラが横行する世界で、実習指導でも問題になるケースがあります。

理学療法士協会でも「実習生や後輩へのきつい指導は控えましょう」というアナウンスがよくされています。

しかし昔ながらの頭の硬いPTは、聞く耳をもたずに暴言を言うセラピストがいます。

ですからそんなスタッフがいる職場で「患者さんを良くしよう!頑張ろう!」と思っても、ムダになってしまうことも多いです。

たとえばあなたが患者さんであったら、メンタルボロボロのPTにリハをして欲しいと思いますか?

普通はNOですね。

入院生活でストレスが溜まる上に、病気や体のことが心配でたまらない…。

そんな患者さんの気持ちやメンタル、今後について評価しながら、リハビリを提供するのは非常に難しいです。

そして中途半端にリハビリを提供したことで、患者さんからクレームがくるきっかけにもなります。

なによりいい加減なリハビリは、患者さんにとって失礼極まりないですよ。

理由2、1年目から仕事を辞めたくなることは、自然なこと。

PTの離職率は高く、厚生労働省資料でも報告されています。

(参考:http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000120210_4.pdf)

上記は理学療法士の1年間での離職率(パーセンテージ)を報告したものになります。

1年間での平均離職率は、急性期や回復期といった医療分野では約10%、介護分野では約19%です。

訪問リハビリ領域では、約38%とかなり高い離職率を誇っています。

上記のデータからもわかるように、実は入職して1年の間で辞めてしまう人は意外と多いのです。

しかし上記の数字は「実際に辞めた人数」です。

「もう辞めようかな…」
「他の職場に移ろうと思っているんだけど…」

と悩んでいる人は上記のデータ以上に多いのです。

それに1年目から「もう辞めよう…」と思うのは、あなたのせいではありませんよ。

1年目のうちから「辞めたい…」と思うような職場は、離職率も高く、不満も溜まりやすい職場がほとんど。

1年目なのに業務量が多すぎる、給料が安すぎる、風通しが悪すぎる…などなど、不満を抱えたまま我慢していることが多いですよ。

そのため、あなたがPT1年目で「仕事を辞めたい…」と思っているなら、周りの人も同じことを思っている可能性も高いです。

ちなみに私が1年目の時に「もう辞めよう…」と本気で強く感じた時は、処理しきれない仕事量を抱えた時でした。

カンファレンスの準備や、回診資料のチェック、議事録の作成など雑務業務は全て1年目。

それなのに「家帰ってもっと勉強しろ」「もっと論文見ろ」だの、かなり言いたい放題言われていました。

1日のサービス残業は平均4~5時間くらいで、17時定時なのに、22~23時帰宅もよくありました。

この時間をもっと活用できたのでは、と振り返ると後悔が残りますね…。

理由3、理学療法士の資格は再就職がしやすい。

理学療法士は「国家資格」であり、再就職がしやすいという大きなメリットがあります。

そのため、仕事のやりがいや、資格の安定性に惹かれて、20代後半~30歳をすぎてPTになる人も珍しくありません。

最近では、

「理学療法士の数が多すぎて、もうすぐ飽和状態となる」
「今後、国の医療費の影響を受けて、PTがリストラされる未来がやってくる」

というような暗い話も聞きます。

たしかに年々病院の数は減ってきています。

しかし老人ホームや訪問リハビリといった、介護分野でのニーズや、在宅での求人数は年々増加傾向です。

そのため「病院でのリハビリ」という仕事で括らなければ、PTとして働ける場所は今後も増加していきます。

(参考:http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/23-22.htmll)

上記は、老人ホームや介護施設など施設数の増減を報告したデータになります。

2016年度のデータになりますが、ここ数年をみると介護施設の数が上昇していることがわかります。

今後も介護施設や訪問リハビリでの職場の増加は続くとも言われています。

ですから今すぐあなたが仕事を辞めても、人手不足であなたの力を借りたいという施設はたくさんありますよ。

また訪問看護ステーションのような在宅での給料は、病院や他の施設と比べても、給料が割高になります。

私も病院を経験してから、在宅分野に転職しましたが、かなり給料はアップしました。

病院務めの時は、手取りで20万円ほどでしたが、訪問看護ステーションに移ってからは、手取りが32万まで上がりました。

ボーナス含めると年収140万円ほど上がった計算になります。

ですから、

「一人暮らしなんだけど生活費がカツカツ…」
「奨学金の返済で自由に使えるお金が全然ない…」

と悩んでいるなら、訪問リハビリ分野はオススメですよ。

結論:PT1年目で仕事を辞めたいと思うのは、普通のこと。

理学療法士として働きはじめて、

なんかこの職場合わない…

夢見ていた仕事内容とかけ離れている…

と感じて、辞めたくなるのはごく普通のことです。

なかには理学療法士自体を辞めたい!と感じる人もいますが、職場へのストレスが強いだけかもしれません。

人当たりのよいのんびりした職場で、単位と書類に追われない職場だと、メンタル的にも余裕が持てますよ。

でも、そんな職場ってどうやって見つけるの?

私1年目だし、すぐに転職するのはちょっと勇気がいる…

と思われますが、難しいことではありませんよ。

たとえば転職をサポートしてくれる「転職エージェント」を利用すれば、あなたの代わりに求人を探してくれます。

・1年目でも歓迎してくれる。
・新人教育が整っている。
・年収を100万上げたい。
・風通しが良くて、アットホームな職場がいい。
・残業がない職場で働きたい。

こんな要望をエージェントに伝えると、2~3日の間に候補となる求人を探してくれるので、非常にラクチン。

もちろん自分の希望を全て満たすような求人は中々見つかりませんが、相手も転職のプロ。

時間をかけることで、あなたの無茶な要望にも対応してくれますよ。

たとえ今すぐ転職する気がなくても、とりあえず求人サイトに登録しておくことをオススメします。

というのも、今回の記事のテーマのように、「1年目から仕事がつらい」「辞めたい」というような状態が続くと、なにも行動が起こせなくなります。

本当にうつみたいになるんですよね。

「人間関係の悩み」「先輩や上司からの圧力」「家族の期待」など、いろいろ悩みを抱えすぎてしまうと、現状のことでいっぱいになります。

これからのこと?次の職場?そんなの考えらんないよ…

こんな状態になる前に、求人サイトに登録しておくことで心の支えになりますよ。

良い求人が見つかれば、今の職場にこだわる必要がありません。

逃げ道を作っておくだけ、ストレスがグッと減り、頭の中が病院のことだらけ…なんてことがなくなりますよ。

ぜひPT1年目でも「転職」も候補にしてみましょう。

今行動できないと、このままずっと悩み続けるだけ。今の自分を変えられるのは、自分の行動だけですよ。

>>関連:理学療法士や作業療法士が昇給しないのはなぜ?年3000円しか給料上がらないPTOTの対策とは

オススメの転職サイトは?

オススメの転職サイトは、PT/OT人材バンクです。

PT/OT人材バンクは転職・就職業界の最大手の1つである、SMSキャリアが運営しています。

一般職の求人サイトとは違い、医療関係に特化した転職サイトであるため、求人数はピカイチです。

常に1万件を超える求人数を抱えているだけではなく、求人サイトには載っていないレア求人もありますよ。

たとえば「年収500万円以上の高収入求人」や「年間休日が130日以上あり長期休暇が取れやすい求人」などがあります。

収入が高いと家計にもラクですし、自分にもご褒美ができます。

7~10日といった長期休暇がとれると、ためらうことなく旅行に行くこともできますよ。

求人サイトや情報誌などを見て、

なんかピンとこないんだよね…希望している求人がなかなか見つからないんだよな~

と一度でも経験したことがある人には、オススメですよ。

しかし転職を行う上で、注意点が1つあります。

それはブラック病院、ブラック施設です。

仕事終わりは17時って聞いてたけど、資料作りにミーティングに、毎日24時まで職場にいる…
寮完備でボーナスが出るって聞いていたけど、聞いていた話と全然違う…

そんなブラック病院やブラック施設は避けなければなりません。

PT/OT人材バンクでは、キャリアドバイサーが事前に求人情報を審査、チェックしています。

そのためブラック求人にひっかかる心配もありません!

また転職活動はいざしてみると、時間のなさ、面倒さ、履歴書や面接の準備などで、モチベーションが保てないことが非常に多いです。

転職活動もうやめようかな…
どこの職場もそんな変わらないし、もうこの求人にしようかな…

と、つい転職そのものに妥協をしてしまうことも。

せっかく今の職場より、良い待遇で働けるチャンスがあるのに、妥協してはもったいないです。

PT/OT人材バンクでは、担当のアドバイザーがつき、あなたの求人の希望はもちろん、転職に関する悩み相談できますよ。

特にPT/OT人材バンクの情報収集能力というのはコメディカル業界トップです。

というのも希望の求人があれば、アドバイザーを通して内部事情まで教えてくれるからです。

別の求人サイトを見て、○○病院が気になっているんですけど…
以前、○○病院に勤めていた方が、私たちのサービスを利用したことがありまして…。
実は○○病院は、上層部の管理体制がいい加減なので、上司の気分に振り回される現場は大変みたいです。ですので○○病院はオススメはしませんよ

というように、表に出てこないような裏話を教えてくれることも多いです。

ちなみにサイトの登録はもちろんのこと、キャリアドバイザーの利用、転職活動の支援など全て無料です。

転職業界の大手だからこそできるサービスなのです。

PT/OT人材バンクの登録方法について

登録する場合、公式サイトより「登録フォーム」を記入します。(登録は1分で終わります。)

①はじめに、所有資格(PT、OT、ST)を選択し、「希望の職種」「常勤か、非常勤か」を選択します。

②続いて「現在の状況」「希望転職時期」を記入します。就職希望時期は、大雑把でも大丈夫です。

③次に「名前」「生まれた年」を入力後に、「住所」等を記入します。

④最後に、「携帯番号」「メールアドレス」などを入力して、登録は終わりです。

スマホを使って入力すれば、1分程度で登録は完了します。

登録完了後は、担当者より電話、あるいはメールで連絡があり、具体的な希望求人のヒアリングがあります。

PT/OT人材バンクのキャリアアドバイザーの情報収集の力はとても頼りになるので、希望している条件をきちんと伝えましょう。

「職場は病院で、年収を100万上げたい」

「クリニックで、年間休日数が130日欲しい」

「在宅なんだけど、風通しがいい職場で働きたい」

というように、無茶な要求でも伝えましょう。あなたの代わりにアドバイザーが、徹底的に求人を探してくれますよ。

ぜひPT/OT人材バンクを利用して、今よりワンランク高い生活を手に入れましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-医療系コラム

Copyright© 失敗しない転職活動ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.